SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.11.12

【F1第21節/立川・府中×仙台】 価値のある勝ち点1「チームが良くなっていることを確信しました」(仙台 ホセ・フェルナンデス監督)

PHOTO BY軍記ひろし

11月11日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第21節が行われ、ヴォスクオーレ仙台は立川・府中アスレティックFCと2-2で引き分けた。

自陣からの守備で虎視眈々とチャンスを伺う仙台は、10分に先制を許したものの、相手のチャンスに集中したディフェンスで対応して追加点を与えない。すると後半、22分に右サイドの藤山翔太のシュートのこぼれ球に反応したマテウスが決めて同点に追いつく。

さらに24分、内野脩麻が相手からボールを奪うと、松木裕功に預けてカウンターを開始。ゴール前右で再びパスを受けた内野は、タイミングをズラした巧妙なシュートで右隅に決めて勝ち越しに成功した。しかし直後の25分、失点を許して試合は振り出しに戻った。

終盤には相手のパワープレーの猛攻を受けながらも最後まで集中力を切らすことなく対応して、そのまま同点で決着。仙台は今シーズン5つ目の引き分けとなった。

ようやくクラブが望むチームになりつつある

ホセ・フェルナンデス監督(ヴォスクオーレ仙台)

──今日の試合を振り返って。

2-2の引き分けでしたが、我々にはすごくいい試合でした。ボールを持っている時もそうでしたし、ディフェンスの準備も整っていました。立川・府中に好きにやらせなかったですし、(第19節には)名古屋に敗戦しましたが、ここ6〜8試合はいい試合ができています。チームは自信を持ってプレーしています。でもそれは、結果が悪くはない、引き分けが多いから言っているということではなく、内容が良くなっているからこういうことを伝えています。今日は(堀内迪弥、マルロンが欠場で)少ない人数でのプレーでしたし、勝つためにはもう少しコンディションを上げていかないといけないですが、普段はそれほどで出ていない選手もある程度のプレー時間があって、チームが良くなっていることを確信しました。

──堀内迪弥選手とマルロン選手が不在の中でどんなプランで臨んだのでしょうか。

重要なのは選手全員です。もちろんその2人はすごくいい選手ですが、いつも話しているように、大事なのはチームであり、個人に頼ることではありません。迪弥はすごくよくて今シーズンも19ゴールを決めていますし、マルロンももちろんいい選手です。しかし、今日プレーした12人もすごくいい選手。今日に限ったことではなく、いつもの練習からいいプレーをしています。ようやく日本人選手も、どうやってフットサルをプレーしないといけないかを理解してきていて、それが重要だと思っています。

──15節から引き分けが5回目。これをどう評価しているか?

自分たちにとってこの結果はいいと思います。町田にもすみだにも浜松にも浦安にも立川・府中にも引き分けました。先ほども言ったが、結果を見て言っているのではなく、プレーの内容が良くなっていることを強調したいです。日本に来て4年目のシーズンを迎えていますが、ようやくクラブが望むチームになりつつあると思います。もっと質の高い選手がそろえばもっといい結果になっているかもしれないですが、このメンバーでこの内容はいいと思います。全員がプロではないですし、クラブにはいろんな事情がある中で、少しずつですが良くなっていることを実感しています。もちろん5位で終わりたい思いもありますが、自分は仙台の監督です。自分たちの立ち位置をよくわかっているつもりです。今まで見てきた仙台の中でも練習の態度、姿勢がいいチームになっていると思います。

──タイムアウトでは日本語を交えながらコーチングしている。コミュニケーションは上がっている?

それに関係なく、選手たちがフットサルをどうプレーすべきかを理解し始めていると思います。3年間を振り返れば12-0で負けたこともあったし、今日は2-2の引き分けですが、来年は絶対に立川・府中に勝ちたいと思います。

──前半はアランギタヒのサイド突破が目立ちましたが、後半はそこを封じられた印象です。

アランは1対1に特徴がある選手ですが、普通に考えればカバーリングをしてきます。その辺は僕らがもう少し改善していかないいけません。相手の対策に対してさらに対応しないといけない。迪弥がいれば、相手がカバーリングしてきた瞬間に間で受けられたりもしますし、自分たちが持っているコマの中で有効な手段を今後はもっと準備していかないといけないと思います。

荒牧太郎(ヴォスクオーレ仙台)

──今日の試合を振り返って。

監督が話したように、上位の立川・府中を相手に2-2の引き分けというのは、昨シーズンまでの仙台からすれば良しとしないといけない結果だと思います。拮抗した試合が続く中で、練習から細かい1プレーへの準備がまだ足りていません。いい試合をしても勝ち点3を積み重ねられないからこの順位にいると思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami