SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.11.23

【F1第23節/名古屋×仙台】2試合開催の難しさを痛感「いつもと違うやり方で臨んだが…」(仙台 ホセ・フェルナンデス監督)

PHOTO BY軍記ひろし

11月23日(金・祝)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第23節、6クラブ共同開催名古屋ラウンドが行われた。

ヴォスクオーレ仙台は武田テバオーシャンアリーナで名古屋オーシャンズと対戦した。前回対戦で名古屋に善戦した仙台は11分10秒、50秒とわずか1分の間に立て続けに失点してしまう。差を縮めたい仙台は前半のうちにパワープレーを用いながら相手ゴールへ迫るがゴールは決まらず0-2で前半戦を終える。

迎えた後半戦、ゴールを奪い返したい仙台だったが23分、26分に失点してしまい4点も差を付けられてしまう。その後も攻めあぐねていた仙台は残り7分でパワープレーを開始。しかしパワープレー返しを食らってしまい万事休す。0-5の大敗でゲームを終えることになった。

両チームの違いが大きく出る

ホセ・フェルナンデス監督(ヴォスクオーレ仙台)

結果を見れば全てがわかると思います。両チームの違いが大きかったです。今週末は1試合だけなら違うやり方でしたが、明日も試合があるのでいつもと違うやり方でした。1カ月前、ここで名古屋と良い試合をしました。今日はちょっと違うやり方で準備しましたが力不足です。名古屋を褒めるしかないです。

──今季初のノーゴールだったがその精神的ダメージは?

決定的なチャンスはありました。そこで決められませんでした。後半はパワープレーでチャンスもありましたが、今季初めてゴールを決めれていない試合なので、これが最後になってほしいです。次節から点を決めたいです。

荒牧太郎(ヴォスクオーレ仙台)

今日から3巡目に突入し、今日は名古屋と戦って明日はすみだと試合があります。1試合、1試合、選手として勝ちを望む気持ちもありますが、一年間を通しての最終順位を争うリーグ戦では、監督が言うように戦い方をコントロールしなければいけない部分も理解できます。すごく悔しいですけど、これが今の自分たちのチームやクラブの力だと受け入れなければいけないです。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami