SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.11.23

【F1第23節/すみだ×浦安】強度の高い内容で2連勝!「自信を持つことは人生でもスポーツでも大切」(浦安 アルベルト・リケル監督)

PHOTO BY軍記ひろし

11月23日(金・祝)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第23節、6クラブ共同開催 浜松ラウンドの第2試合が行われ、バルドラール浦安はフウガドールすみだに4-2で勝利した。

立ち上がりに先制を許した浦安は3分、長坂拓海がセットプレーから同点弾を挙げると、11分にもCKから中央で受けた長坂が決めて逆転に成功。続く12分、相手のパスをカットした石田健太郎が左サイドを駆け上がると、最後は中央の深津孝祐が決めて2点差に。さらに14分、またしてもカウンターから、加藤竜馬が相手陣内に侵入すると、ゴール右の野村啓介が確実にフィニッシュを決めて4-1とリードを広げた。

前半終了間際に1点を返されたものの、この日の浦安は最後まで強度の高いプレーを披露した。後半に入っても追いすがる相手の攻撃を受け流しながら試合をコントロール。2点リードを守りきって前節の勝利の勢いそのままに連勝を飾った。

前半からやりたいことを出せた

アルベルト・リケル監督(バルドラール浦安)

──今日の試合を振り返って。

前半はすごくやりたいことを出せて、セットプレーもすごくよかったと思います。今日のようなレベルの高い相手に対して、攻守の切り替えがスムーズでしたし、やりたいことができました。他のところでも苦しむことは明らかだったのですが、そこでも諦めないで、やりたいことをできたことがすごくよかったと思います。

──2試合続けて強度の高い試合ができていたが、前の試合で結果を手にしたことが自信につながっている印象か。

自信を持つことは、人生でもスポーツでも大切なことだと思います。自信を保つことで、自分たちのプレーをしやすくして、落ち着くことができます。(前々節の)大分戦で引き分けて、(前節の)浜松に勝ったことで自信を持てました。こちらは、高いインテンシティを落とさないで、練習からそれを保つことを要求しているのですが、それが大切だと思います。そのことで結果が自然と出てきて、自然と自信を保つことができているのかなと思います。

加藤竜馬(バルドラール浦安)

──今日の試合を振り返って。

今までなかなか勝ちきれない試合が続く中で、ここ2試合は全員のハードワークで、最後までディフェンスを強くいくことができている結果として、2試合ともに勝ち点3を取れているのかなと。ここからあと何試合勝てるかはわからないですが、自分たちのフットサルを求めて、残り10試合を戦っていきたいと思います。

──カウンターがハマってリードを広げたが、狙いどころを決めていた?

押し込まれることはわかっていたので、今週はカウンターの練習を多くやっていましたし、精度も徐々に上がっている証拠です。そこから2点取れたのは大きいかなと思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami