SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.11.23

【F1第23節/町田×立川・府中】こぼれ落ちた“勝ち点2”。「非常に残念な結果でした」(町田 岡山孝介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

11月23日(金・祝)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第23節、6クラブ共同開催 浜松ラウンドの第3試合が行われ、3位のペスカドーラ町田は、プレーオフ進出を争う直接のライバル、4位の立川・府中アスレティックFCに1-2で敗れた。

負傷離脱中だった森岡薫が復帰するなど、久しぶりにフルメンバーがそろった町田は、序盤からリズムのいい攻撃を見せると、7分に室田祐希のゴールで先制。一進一退のハイレベルな攻防を見せながらもリードを守って試合を折り返した。

しかし後半、徐々に相手に押し込まれる時間が増えると、30分にサイドから崩されて失点。残り時間も少なくなる中で引き分けも視野に入れているかと思われたが、町田は38分から滝田学をゴレイロに替えてのパワープレーを選択。しかし最後まで攻め込みながらも残り数秒……そのままタイムアップと思われたところでドラマが待っていた。

ルーズボールが町田陣内に転がると、滝田が先に抜け出した相手を後ろから倒して一発退場。5ファウルをためていた町田はこれで6つ目となり、残り時間わずか1秒のところで第2PKを与えてしまった。そしてこれを決められ万事休す。土壇場で勝ち点1を逃すと同時に、勝ち点2差だった相手に順位でも逆転を許す痛恨の敗戦となってしまった。

勝つことしか考えていなかった

岡山孝介監督(ペスカドーラ町田)

──今日の試合を振り返って。

非常に残念な結果でしたけど、すぐ試合があるので気持ちを切り替えて、明日は勝ちたいと思います。

──パワープレーを選択した場面で、ファウルカウントもあったと思うが、最悪、引き分けでもいいという意味でボールをキープしようという意図もあったのか。

そう見えましたか?

──常に攻め続けていたので(引き分け狙いには)見せませんでしたが……。

勝つことしか考えていませんでした。

──ダニエル・サカイがフィクソの位置から縦に抜けてパスを受けるシーンが何度もあった。ピヴォとフィクソの入れ替わりは意図的なものか。

それは意図的なものです。長い距離を走って裏を狙うこともそうですし、その流れでもらえなくても(前線に)起点を作って。体が強いのでそこで起点になります。それも狙いの1つです。相手のセットは前に入れる選手が多いので、その辺りはバリエーションを作りやすいです。

──その場合、この試合では森谷優太と一緒に起用することが多かったが、バランスを取る意味で?

そうです。

──(滝田学が与えた)最後のファウルは仕方がないところもあり難しい判断だったと思うが、ルーズボールが転がった位置がゴールの軌道から外れていたことや時間的にもほとんどないことを考えるとどうだったのか。あの場面をどう捉えているか。

もう一度ビデオをちゃんと見ます。いずれにしても明日、滝田が(出場停止で)いないことは厳しいことなので。まあ(ファウルは)しなくてよかったかなとは思います。

原辰介(ペスカドーラ町田)

──今日の試合を振り返って。

プレーオフ争いをしている中で絶対に勝たないといけない試合だったので、残念ですし、落ち込む内容ですが、明日はまた試合が来るので、しっかりと心理的にもリフレッシュして臨みたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami