SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.12.02

【F1第25節/名古屋×F選抜】0-6で大敗を喫してしまったが「ポジティブな面がいっぱい見えた」(F選抜 高橋優介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

12月2日(日)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第25節、Fリーグ選抜は名古屋オーシャンズと対戦した。

名古屋との戦績は1分1敗で臨んだ今日のゲーム、試合序盤はFリーグ選抜が積極的にシュートを放ち、脅威を与えていた。しかし前半15分にFリーグ選抜が失点してしまう。すると直後の16分にも失点を重ねてしまい0-2に。そして前半が残り1分のところでパワープレーを始めたが残り1.3秒にパワープレー返しを決められてしまい3点ビハインドと苦しい状況で前半を折り返した。

後半、名古屋にリベンジを果たすためなんとしても点が欲しかったが相手は自陣へ引いて、守りを固めゴールを割ることができなかった。そこで35分に後半初めてのパワープレーを仕掛けるが36分、38分にパワープレー返しで2失点を喫してしまう。さらには後半残り15秒にカウンターからトドメの一撃を刺されてしまい0-6という悔しい結果で試合を終えた

勝ちへの貪欲さで相手を上回れなかった

高橋優介監督

結果は0-6で、差は開いてしまいましたが試合の立ち上がりではポジティブな面がいっぱい見えていて、今までの名古屋戦とは違う印象を持ったゲームでしたので良いものを感じながらやっていました。ゲームの展開的に前半のパワープレーで失点してしまったのですが、最後のアタッキングサードでなかなか攻略できないというところがあり、そこで後半を考えて2点差を踏まえ、残り1分で相手の出方を見るために(パワープレーを)やりました。ただ、その(パワープレー返しによる)1点がゲームの展開的にすごく重くなってしまったなとは感じています。

──2失点目の直後にタイムアウトを取った意図は。

立て続けに2点取られてしまったのでその流れを切りたいというのと、決して自分たちのプレーは悪いことではないということをもう一度再確認をして残りの4分を続けたかったというのです。あと、残り1分でパワープレーをすることをその時点で伝えていたのでそのことを伝えて準備と、選手の出場時間のローテーションの調整ことを含めてタイムアウトをしました。

──失点の流れとして2失点目に関しては痛かったのでは。

そうですね。あの場面はどちらに転ぶかという場面で、個人的には前に出ていくプレーはやり続けた方が良いと思うのですが、そこのチャレンジで無謀なところが出てしまいました。良い意味で許されるチャレンジと無理なチャレンジの使い分けがすごく出てしまったのかなと。でも決して、だからと言って選手は攻めれないですし、そのアグレッシブさを止めたくないというのがチームに出ているのかなというのも感じながらいました。

三笠貴史(Fリーグ選抜)

1戦目、2戦目と違い取っ組み合いのような試合ではなく相手が引いて守るという、40分通して相手のゲームプランを崩す打開策が見つけれなかったと感じています。ある意味、相手が前から来なかったのは自分たちの良さに対してのリスペクトなのかなとも感じますけど、勝ちへの貪欲さで相手を上回れなかったのかなと感じた試合でした。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami