SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.11.17

エスポラーダ北海道が11月23日のホームゲームを無観客試合で行うと発表。

PHOTO BY高橋学

12日には最多236人の感染を確認

エスポラーダ北海道とFリーグが17日、11月23日(月・祝)に北海きたえーるにて有観客試合での開催を予定していたY.S.C.C.横浜戦は、北海道内の新型コロナウイルス感染拡大状況から、無観客(リモートマッチ)での開催に変更すると発表した。

北海道では無観客試合のアナウンスがあった前日の16日に、新たに189人の感染。そのうち、北海きたえーるの所在地である札幌市からは124人が確認されている。また、12日には最多の236人から陽性判定が北海道から出ているそうだ。

クラブはリリースを通じて「ご来場を楽しみにしてくださっていた皆さまにご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします」とコメント。観戦チケットの払い戻しなどの対応については、改めて公式サイト等で案内するとのことだ。

クラブからのリリースは以下のとおり

11/23(月・祝)ホームゲーム(横浜戦)無観客試合での開催について

いつもエスポラーダ北海道へのご声援をいただき、誠にありがとうございます。

この度、11月23日(月・祝)に入場制限付き(有観客)試合での開催を予定しておりました、Y.S.C.C.横浜戦(会場:北海きたえーる)につきまして、北海道内の新型コロナウイルス感染拡大状況から、リモートマッチ(無観客)での開催に変更することとなりましたのでお知らせいたします。

ご来場を楽しみにしてくださっていた皆さまにご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。なお、観戦チケットの払い戻しなどの対応につきましては、改めてオフィシャルサイト等でご案内をさせていただきます。

~対象試合~
・日時:2020年11月23日(月・祝)15:00キックオフ
・会場:北海きたえーる
・対戦:Y.S.C.C.横浜

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami