SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.11.05

【第15回全日本女子フットサル選手権】アルコイリス神戸がSWHレディースを制し2大会ぶり5度目の優勝を掴み取る

PHOTO BY

決勝戦は同じ兵庫県勢対決に

今年で15回目となる全日本女子フットサル選手権大会が11月2日(金)から4日(日)までの3日間、石川県金沢市のいしかわ総合スポーツセンターで開催された。

4つのグループをそれぞれ勝ち抜いたビークス石川レディース、アルコイリス神戸、SWHレディースフットサルクラブ、福井丸岡RUCKが4日に行われる準決勝へと駒を進めた。

そして準決勝を勝ち上がった神戸とSWHレディースが決勝戦を戦うことに。奇しくも兵庫県勢対決となったこの試合は、後半26分に若林エリの斜めのパスを齋藤有里が合わせて先制弾を決める。これが決勝点となり、神戸が2大会ぶり5度目の大会制覇を成し遂げた。

大会の結果は以下の通り

優勝 アルコイリス神戸
準優勝 SWHレディースフットサルクラブ
3位 ビークス石川レディース/福井丸岡RUCK

1日目ハイライト

2日目ハイライト

準決勝ハイライト

決勝ハイライト

▼ 関連リンク ▼

Bitnami