SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア

【独占インタビュー】「攻撃的で勇気のある戦いをしたい」。ルイス・ベルナット新監督が描く、ペスカドーラ町田「Fリーグ王者」への未来図。

PHOTO BY川嶋正隆

1年後は日本語でインタビューを

──プライベートについてもいくつか教えてください。ルイス・ベルナット監督はフットサル以外の趣味はありますか?

読書や映画が好きですね。他には旅行も好きです。せっかく日本に来たので、富士山は行ってみたいですね。その他の場所も回って日本中を見たいですね。

──日本はちょうど桜の季節です。

綺麗ですね。スペインのヘルテという場所は桜で有名です。スペインでも同じように満開の時はたくさんの人が訪れます。ただ、私はバルセロナ出身で、ヘルテは少し遠い街ですので行くことはありませんでしたが、スペイン人も桜は好きですね。

──バルセロナといえばFCバルセロナですね。やはり街は熱狂的なのですか?

スペインにおいて、サッカーはスポーツの王様です。サッカーとフットサルは他の競技人口と比べても多いですからね。

──日本にはサッカーやフットサル以外にも相撲や野球というスポーツがあります。

以前、日本を訪れた知人が相撲部屋に行ったそうです。そこで撮った写真を見せてもらいましたが、(体の大きさに)驚きましたね(笑)。一度見たいと思っています。

──日本といえば、日本食は世界的にも有名ですが、ルイス・ベルナット監督も何か食べましたか?

日本食は好きですね。もちろんこちらに来て食べましたし、バルセロナでも日本食レストランがあります。そこは一番気に入っているレストランですね。全ての日本食が好きですが、(食べるものは)魚が中心ですね。

──日本人は刺身といって生で魚を食べる文化がありますが…。

…(笑)。好きですよ。スペインは世界の中でも日本に次いで魚を食べる国です。でも生で食べることはありませんね(笑)。

──日本食を食べるときはお箸を使いますか?

使っていますよ。でも日本人のように器用に扱うことはできませんね(笑)。

──まだ来日されて一週間ですが日本語は何か学びましたか?

これから学んでいきたいと思っています。1年以内にはなんとかしたいですね。そのときはぜひもう1度、インタビューをしてください。日本語でお答えしたいと思います(笑)。確かにあなたは1年後も日本語を完璧に話すでしょう…、私も頑張りたいと思います(笑)。

──その時を楽しみにしております(笑)。それでは最後に、ファンやサポーターにメッセージをお願いします。

毎週の試合に足を運んで楽しんでいただきたいと思っています。そのためのフットサルをしますので、よろしくお願いします。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami