SAL

MENU

作成日時:2022.10.27
更新日時:2022.10.27

【移籍情報】横浜が21歳・黒田智暉のシーズン途中での退団を発表。「YSファミリーの一員でいれたことを誇りに思います」

PHOTO BY高橋学

26日、Y.S.C.C.横浜は黒田智暉の退団を発表した。

この先、どんな道を選択するか

退団の発表された黒田は、強豪・岡山作陽高校の出身で2020シーズンにFリーグデビュー。サイドでのドリブルを武器に戦っていた。

昨季は15試合に出場し、第13節のペスカドーラ町田戦ではCKから1ゴールをマーク。鳥丸太作体制になった今季は5試合に出場登録され、出場は3試合に留まった。

年齢はまだ21歳。横浜の未来を担う存在として期待されていた中、シーズン途中で退団することになった。リリースを通じて黒田は「たくさんの方々のご支援・ご声援のおかげで、ここまでとても楽しくプレーすることができました。YSファミリーの一員でいれたことを誇りに思います」とコメントを残している。

U-19日本代表候補に選出されたこともある彼はこの先、どんな道を選択するのだろうか。

クラブからのリリースは以下のとおり

この度、Y.S.C.C.横浜フットサルでは下記選手の退団が決まりましたので、コメントと併せてお知らせいたします。

黒田 智暉/TOMOKI KURODA No.51

【生年月日】2001.1.20 21歳
【ポジション】ALA
【本人コメント】
3年半の間大変お世話になりました。
たくさんの方々のご支援・ご声援のおかげで、ここまでとても楽しくプレーすることができました。
YSファミリーの一員でいれたことを誇りに思います。
本当にありがとうございました。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼