SAL

MENU

作成日時:2022.12.06
更新日時:2022.12.12

【F1第15節|試合結果&順位】清水兄弟フィーバーですみだが快勝!横浜は11月から負けなしで4位浮上

PHOTO BY

12月2日と4日にFリーグ2022-2023 ディビジョン1第15節の6試合が各会場で行われた。

兄は2点、弟は3点。“清水ブラザーズ”揃ってゴール

2日、墨田区総合体育館にてフウガドールすみだvsボアルース長野の一戦が行われた。

プレーオフ出場枠をかけた順位争いが過熱するなか、直近2試合を引き分け暫定7位に位置するフウガドールすみだ。思うように勝ちきれない試合が続くなか、今節はそのジレンマを晴らすかのような得点ラッシュが生まれる試合となった。

まずは、第1ピリオドの2分。宮崎曉が左足で放ったシュートがポストで跳ね返ると、こぼれ球にすかさず清水誠也が反応し難なく先制点を奪う。その2分後には、FP全員で18本のパスを繋ぐ連係プレーで相手陣内に攻め入り、最後は畠山勇気が体勢を崩しながらもボールを押し込んで、2点目のゴールを奪った。

ここからはパス回しで時計の針が進むも、虎視眈々と追加点を狙うエンジ色の戦士たち。11分42秒には、中田秀人から、清水和也に1本のパスが渡り、そのまま反転シュート。お手本のような“ピヴォ当て”から力強く追加点を決め、スタンドを沸かせた。

15分25秒には、この日チャンスシーンや決定機を何度も演出し軽快な動きを見せていた中田秀人が、自身もゴール。第1ピリオドから4-0で長野を圧倒した。

第2ピリオドでは立ちあがりに1点を返されるも、すみだの勢いは止まらない。23分には、エース・清水和也が立て続けに2ゴールを決め、ハットトリックで6-1と差を引き離す。さらに、29分には、3対2の数的優位なチャンスシーンから畠山が冷静にネットを揺らし、今節2点目のゴールをマーク。最後はパワープレー返しで清水誠也が得点し、ゲームセット。この日決まった8点のうち5点を、兄・誠也、弟・和也の“清水ブラザーズ”が決め、第3節以来、兄弟揃ってゴールを奪い、勝星を掴んだ。

4日には、岸和田市総合体育館にてシュライカー大阪vsY.S.C.C.横浜の試合が行われた。

横浜は上位、大阪は下位でそれぞれ異なる立場のなかでも、勝点が並ぶライバルを引き離すために、両者互いに負けることのできないこの一戦。追いつき、追いつかれ、最終スコア2-3のシーソーゲームを制したのは、敵地に乗り込んだ横浜。11月から5戦負けなしで暫定4位に順位に浮上。プレーオフ進出に向けて着実に勝点を積み上げた。

今節の結果は以下のとおり

試合結果

12月2日(金)

時間 カード 会場
17:15 ボルクバレット北九州 1-6 名古屋オーシャンズ アクシオン福岡
19:30 フウガドールすみだ 8-1 ボアルース長野 墨田区総合体育館

12月3日(日)

時間 カード 会場
12:00 バルドラール浦安 2-2 エスポラーダ北海道 バルドラール浦安アリーナ
14:15 シュライカー大阪 2-3 Y.S.C.C.横浜 岸和田市総合体育館
16:31 ペスカドーラ町田 2-1 湘南ベルマーレ 町田市立総合体育館
19:00 立川アスレティックFC 7-3 バサジィ大分 町田市立総合体育館

■順位表

1 名古屋 40 13 1 0 55 16 39
2 浦安 33 10 3 2 47 31 16
3 町田 29 9 2 4 37 35 2
4 横浜 25 8 1 6 39 32 7
5 すみだ 24 7 3 5 45 35 10
6 立川 24 7 3 5 43 33 10
7 湘南 23 6 5 3 42 25 17
8 北海道 20 6 2 7 42 52 -10
9 大阪 14 4 2 8 36 42 -6
10 北九州 14 4 2 9 35 46 -11
11 長野 6 2 0 13 24 59 -35
12 大分 3 1 0 14 23 62 -39

次節試合日程

12月9日(金)

時間 カード 会場
19:00 Y.S.C.C.横浜 vs 立川アスレティックFC 横須賀アリーナ

12月10日(土)

時間 カード 会場
13:00 エスポラーダ北海道 vs フウガドールすみだ 北海きたえーる
15:30 ボルクバレット北九州 vs シュライカー大阪 SAGAプラザ総合体育館

12月11日(日)

時間 カード 会場
11:00 バサジィ大分 vs ペスカドーラ町田 サイクルショップコダマ大洲アリーナ
13:15 名古屋オーシャンズ vs バルドラール浦安 パロマ瑞穂アリーナ
15:30 湘南ベルマーレ vs ボアルース長野 メタックス体育館はだの

▼ 関連記事 ▼