SAL

MENU

作成日時:2023.02.11
更新日時:2023.02.11

【PO準決勝第1戦/立川vs浦安】浦安を5-1で下した立川。決勝へ向けて主将・上村充哉は鼻息荒く、「名古屋一強の時代を終わらせる」

PHOTO BY勝又寛晃

2月11日(土)、Fリーグ2022-2023 ディビジョン1 プレーオフ準決勝の立川アスレティックFCvsバルドラール浦安が行われ、5-1で立川が勝利。レギュラーシーズン2位のアドバンテージを生かして第2戦目を免れ、翌週に控える名古屋オーシャンズとの決勝戦への進出を果たした。

日本代表GKを抱える両クラブ同士の戦いは、立川の黒本ギレルメと浦安のピレス・イゴールがファインセーブを連発。第1ピリオドは0-0で終了した。

第2ピリオドに突入し、立川は22分に先制点を与えてしまうが直後の23分に酒井遼太郎が左サイド高い位置で豪快に同点弾を決めると、26分にセットプレーから新井裕生が逆転弾を決める。29分、中村充がファウルを受けて浦安に退場者が出ると、数的優位を生かした攻撃で金澤空が得点し2点リード。さらには38分と40分に上村充哉がダメ押しのパワープレー返しを決めて5-1とし、決勝進出を果たした。

要求に応えてくれた選手たちに感謝している

比嘉リカルド監督(立川アスレティックFC)

──試合を振り返って。

第1ピリオドは「負けてはいけない」と(選手にプレッシャーを)かけすぎたところがありました。ボールの回し方に関しても、新しいボールでしたしピッチも滑るので、タップしにくかったところがあり、慣れるまでに時間がかかってしまいました。今までの試合はいいリズムを作れていましたが、今日はそれができていませんでした。何度もチャンスはあった中で先制点を取られても(気持ちを)切り替えて、逆転して、大きな山を乗り越えられたと思っています。選手はどれだけ走れと要求されてもチームのために戦ってくれたので、すごく嬉しいです。

──浦安は戦い方を変えてきたように見えたのですが、立川はどのように対応しましたか?

Fリーグのチームにはいろいろなキャラがあります。僕らのやり方もありますが、相手の弱いポイントと強いポイントを合わせなければ、勝ち続けられません。それを合わせられるよう、毎日練習して、自分たちのフットサルをできるように1年かけて取り組んでいるので、すべて準備できていると思います。決勝に絶対に行ける保証はないので、選手たちには感謝しています。セットプレーに関しても自分で数えられないくらいのパターンを出しているので(笑)、それを覚えてくれている選手たちに感謝しています。

──今日の試合、特に金澤空選手や中村充選手がいつも以上に切り替えが速く球際も強かったように見えました。選手に対してどんな意識を植えつけていたのでしょうか?

毎試合みんなに「(ボールを奪われたら)戻ってきてほしい」と文句を言ってます。選手たちにすごく感謝しているのは、これほど結果を出しているのにうるさく言っても文句がないからです。僕はみんなよりいろいろな経験をしているので、勝つパターンや負けるパターンは分かっています。「これぐらいやらなければいけない」というメッセージを毎日送っている。その意識が高くなっていることが僕は嬉しいです。毎日うるさく言ってます(笑)。

──第2ピリオド29分に相手が退場した局面がありましたが、中村選手から皆本晃選手にスイッチして、その直後に得点が生まれました。偶然ゴールが決まったのか、それとも何か指示を与えたのでしょうか?

以前も同じような状況があったのですが点を取れず、その試合の後に「ディフェンスを走らせてバランスを崩さなければいけない。一度ずつボールを持つと相手はバランスを取ってしまう」と伝えました。

充はシュートが持ち味のキャラなので、自分で決めたい気持ちあったと思います。でも、ボールを回さなければいけないですし、走らなければいけなかった。速くパスを回せば、絶対にシュートコースを作れます。あと、奥までボールが入った時、奥からセグンドへパスを狙っていなかった場面がありましたが、今日はみんな(狙えていて)すごかった。あまり練習をしていませんでしたけど、意識して狙っていたので、点を取れたと思います。

──試合前、小宮山友祐監督と話しながらボアルース長野vsしながわシティの入替戦を観戦されていましたが、どんな会話をしていたのでしょうか?

友祐は(現役時代)長い時間、同じ日本代表のユニフォームを着て戦った仲間です。自分たちの作戦のことは話しませんが、フットサルのことをお互いたくさん話すんです。「仲間」と「戦い」という点ではっきり分けていて、今日の試合のことについては話さないですが、お互いにフットサル界が良くなるように、お客さんを引っ張って人気になるように、意見を交換しています。仲間として楽しく試合を見ていました(笑)。

「強いアスレを守らなければいけない」と思ってやってきた

上村充哉(立川アスレティックFC)

──決勝戦へ向けて意気込みをお願いします。

今季、主力が抜けて「アスレが弱くなった」と言われないようにやってきましたが(開幕戦から)3連敗して、「僕がなんとか強いアスレを守らなければいけない」と思ってやっていました。シーズン後半戦から少しずつ勝てるようになってきて、今日もいい試合とは言えないですけど、勝って次に繋げられたので、そこは良かったと思います。新しい歴史を作りたいですし、名古屋一強の時代を終わらせる存在になれるよう頑張りたいです。

──相手がやり方を変えてきた中、ピッチ内ではどのように対応していたのでしょうか?

いつも相手を見て、相手のキャラクターに合わせて守るというのがだんだん浸透してきています。なので相手がやり方を変えてきても、うちもやり方を変えて対応しているので、守るという部分はすごく良くなっています。

──今日はいつも以上に切り替えが速く球際も強かったように見えましたが。

そこに関しては厳しく言われているので、癖がついています。とはいえ、試合になったらたまに切り替えが遅くなったり、球際を強くいけない場面もあると思いますが、そういう時は(監督が)ベンチから言ってくれるので、スイッチを切り替えてやれています。

──その結果なのか、上村選手のパワープレー返しが綺麗に決まりました。

今季の途中まで「上村はパワープレー返しを決められない」と言われれていましたけど、練習した期間があったので、それが生きかなと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼