SAL

MENU

作成日時:2023.05.21
更新日時:2023.05.21

【オーシャンカップ2023】名古屋が浦安を5-1で破って5連覇達成!先制点とダメ押し弾を決めた安藤良平がMVPに輝く!

PHOTO BY勝又寛晃

5月15日に開幕したFリーグオーシャンカップ2023もいよいよファイナルを迎え、21日に運命の決勝戦、そして3位決定戦が行われた。

全21チームの頂点を争う決勝戦の対戦カードは、“絶対王者”の名古屋オーシャンズと昨シーズン3位のバルドラール浦安。

拮抗した第1ピリオドを1-0で折り返し、第2ピリオドではアンドレシートに加え、清水和也、金澤空、安藤良平の日本代表メンバーが得点を重ね、その強さを見せつけた名古屋オーシャンズクラブ10度目のオーシャンカップ優勝に輝いた。

先制点、試合終了間際にダメ押し点を決めた安藤良平がMVPに、今大会6得点を決めたアンドレシートが得点王を受賞した。

♦︎大会特集ページへ♦︎

圧倒的な攻撃力 vs 気迫のプレス

試合開始から激しい攻防が続くなか、浦安は前線からのプレスとタイトな守備で攻撃を阻み、柴山圭吾へのピヴォ当てを積極的に活用しながら名古屋ゴールに迫る。

対する名古屋は5分、右サイドを突破した水谷颯真からの折り返しに、鬼塚祥慶がファーで狙うも得点には至らず。

8分には長坂拓海を起点に石田健太郎が前線に持ち運び、右サイドの田中晃輝、大島旺洋とワンタッチのパスがつながり決定機となるが、ここは名古屋のベテランゴレイロ、篠田龍馬がしっかりとセーブ。その2分には、イゴールのロングボールに長坂が頭で合わせるも、ボールは枠外へ。

第1ピリオドの半分を終え、10分以降は名古屋ペースの展開となり、ダルラン、アンドレシート、清水和也が揃う“最強セット”で立て続けに枠内シュートを放つも、イゴールの好セーブに阻まれる。

迎えた18分、右サイドのアンドレシートから、中央のスペースに侵入した清水和也を経由し、左サイドでフリーになった安藤良平が落ち着いてゴールに流し込み先制点を奪った。

待ってました!新戦力による連続ゴール

名古屋の1点リードで試合を折り返し、続く第2ピリオドでは、開始早々にセットプレーからアンドレシートが追加点を奪取した。

2点を追いかける浦安は、27分にイゴールの左足からの浮き球パスを、空涼介が同じく左足でダイレクトにゴールへ送り、1点を返す。

しかし、29分にはコーナーキックから安藤がゴール前でボールをキープし、こぼれた球を清水和也がど真ん中に突き刺し、決勝の舞台で名古屋移籍後初ゴールを。さらに33分には、鬼塚の斜めのパスから、ファー詰めで金澤空が4点目を奪い、清水に続いて移籍後初ゴールを決め、笑顔でベンチに走り込んだ。

最後は残り2分に、安藤がパワープレー返しを決めて5-1で試合は終了。

第1ピリオドの1得点から待望の新戦力のゴールでスコアを伸ばし、2017年大会から5年連続、通算10度目の優勝に輝いた。

 

セカンドセットの菅谷&湯浅が躍動!

シュライカー大阪vs立川アスレティックFCの3位決定戦は、立川の多彩なチャンスメイカーの活躍が光る試合となった。

3分、コーナキックのチャンスから、南雲颯太のマイナスのクロスを、エース・新井裕生がダイレクトで合わせ、ボールはワンバウンドしゴールイン。続けて5分には、再びコーナキックから、相手のクリアボールに湯浅拓斗が反応し、反転シュートで追加点を奪った。

6分、ファー詰めで1点を返された立川だが、10分には左サイドの菅谷知寿が湯浅に縦パスを送り、ワンタッチの戻しを自らシュート。華麗なパスワークで3点目を奪い、3-1で第1ピリオドを終えた。

続く第2ピリオドも大阪に隙を与えない。立川は33分、相手のカウンターを阻止しボールを奪うと、菅谷が中村充とのパス交換から流し込み、この試合で2得点目をマークした。

ここから大阪はパワープレーに踏み切り、試合時間残り4分に田村友貴がゴール。しかし反撃の手はここまでとなり、最後はパワープレー返しで南雲颯太が5点目を決めて、最終スコアは5-2に。主力選手が退団した影響を感じさせない強さを保ち、3位入賞した。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼