SAL

MENU

作成日時:2023.06.30
更新日時:2023.07.01

【コラム】会場に巻き起こった“敗者”への拍手。堪えきれなかった記者会見での涙。23失点でも仲間を鼓舞し続けた“宇部の女神”時髙美紅、小さなキャプテンがピッチに立つ理由|Fで戦う者たち

PHOTO BY海野伸明

「7人(なぁなにぃん)!?」

昨年のサッカーワールドカップ以降、フットボール界隈は「7」という数字に少々敏感になっているが、メンバー表を見て思わず本田圭佑氏ばりの驚きの声が漏れた。

Fリーグディビジョン1、ディビジョン2に続き、日本女子フットサルリーグ(以下、女子Fリーグ)が開幕した。新参入のアニージャ湘南が加わり、リーグ設立以来最多の11チームが、各々コンディションを整え、6月17日と18日の開幕戦に臨んだ。

そのなかで、明らかに「整っていない」チームがいた。山口県宇部市をホームタウンとする「ミネルバ宇部」だ。

取材・文/青木ひかる

チームを支える小さなキャプテン

フットサルはゴレイラ(GK)1人、フィールドプレーヤー(FP)4人の合計5人が揃えば、競技は成り立つ。ただ、フィールドの4人を1セットとし、いくつかのセットをつくって、組み合わせを入れ替えながら、1試合40分を戦うのが一般的だ。メンバー登録は14名まで。開幕戦に出場した10チームのうち、7チームは最大の14名を揃えていた。

対して宇部は、GKが1人、FPが6人という、1セットを揃えるのがやっとの7名で2023-2024シーズンの初戦に臨んだ。対戦相手の立川アスレティックFCレディースは、キャプテンの藤田実桜や、日本代表のエースとしても活躍した中島詩織を筆頭に、昨シーズン優勝争いを経験した顔ぶれだ。戦力差は火を見るより明らかだった。

立ち上がりこそ、GKを含めた5人全員が自陣に引き、立川の仕掛けやシュートに耐えていたものの、ついに5分に失点。GKのスローからパスをつなごうにも、ハーフラインを越える前にボールを失い、カウンターでゴールを奪われる。第1ピリオドを終え、スコアは10-0。大敗が確定的だった。

そんなワンサイドゲームにおいてチームを最後まで鼓舞し、誰よりも走り続けた選手がいた。

ひときわ小柄なキャプテン、時髙美紅だ。

社会人まで女子サッカーを続け、先輩の紹介でフットサルへの転向を決意したという彼女にとって、この日がFリーグデビュー戦。

フィクソの位置に入りながら、力量差のある相手に立ち向かい、何度もシュートをブロックした。加えて自身の足の速さとドリブルでチャンスもつくり出していた。

「いいよ、いいよ!」「まだまだ!」「行こう、行こう!」

プレーが切れるたびに、彼女のポジティブな声かけが会場に響く。試合開始から一度もベンチに戻らず、顔を真っ赤にしながら、仲間のファインプレーには笑顔でグッドサインを送った。

第2ピリオド開始直後には、ピッチの一番後ろから相手ゴール前にトップスピードで走り出した姿が、鮮明に焼きついた。

自分がもし選手だったら、10点差がついているこのゲームでこのプレーができるだろうか。ここまで頑張りきれるだろうか。

自問自答を繰り返しながら、彼女たちの戦況を見守った。

全国リーグ挑戦も、立ちはだかる高い壁

もちろん、美談だけですまない問題もある。

宇部は、女子Fリーグを目指し、2018年、2019年と、中国女子フットサルリーグで2年連続の無敗優勝を遂げた。その成績が評価され、2020-2021シーズンから念願の参入を果たした。

しかし、全国リーグになったことで、アウェイの移動も含めて活動の拘束時間が長くなり、選手たちの負担も予想以上に増えてしまった。地域リーグ当初からプレーしてきたメンバーが1人、2人とチームを離れる一方で、新加入選手は増えず。この現状には、宮嶋良丞監督も頭を抱える。

「昨年まではフットサル経験を重ねた選手もいたのですが、就職や結婚などライフイベントのタイミングが重なり、15番の玉木賀子以外は退団してしまいました。サッカーを含め、県内で競技者自体が少ないので、人材も取り合いになってしまいます」

今シーズンも、選手12名を集めることはできたものの、兼任でプレーする大学サッカーの試合が優先され、全治8カ月の怪我をした選手も出てきてしまうなど、苦しい台所事情が続いている。

本来、高みを目指すべき場所に、試合に参加することすらギリギリのチームがいる。リーグの質やレベルを担保するためにも、健全とは言えない状況だ。

それでも、あの会場で宇部のプレーを目撃すると、「がんばれ!!」というエールを送りたくなる。誰か1人でもサボり始めたり、試合を放棄するようなことがあれば、罵声が飛んでもおかしくないが、全員が全力を出し切り、最後まで精いっぱい戦っていた。

そして、その中心には時髙がいた。彼女がいなければ、このチームは崩壊してしまう。そう強く感じた。

「まずは1勝、今はそれしか考えていない」

37分を過ぎて足を攣り、この日初めて時髙がベンチに下がった。その瞬間、会場からは拍手が沸き起こる。おそらく、この試合を見た多くの観客が「宇部の時髙」の名前を覚えたはずだ。

ゲームは23-0とFリーグ史上最多得点差で終了した。試合後、誰よりも深々と礼をし、立川の選手と「ありがとうございました」と握手をした時髙だったが、記者会見では堪えていた涙があふれた。

会見後、時髙に第2ピリオド立ち上がりのプレーについて問うと、「何点取られてしまっても、絶対に諦めたくなかった。1点は取りたかったし、とにかく負けず嫌いの性格が出ました」と振り返った。

「普段は、障がいを持った子どもたちが通う児童養護施設で働いていて、仕事が終わった後にできるだけチームの練習には参加しています。これまでフットサルは時々蹴ることはありましたが、チームに所属してプレーするのは初めてです。少しずつ勉強しています」

仕事のシフトの関係上、夜勤で練習に行けない日もある。疲れが溜まって体がうまく動かない時もあるだろう。

それでも、彼女が真摯にフットサルに取り組もうと思える原動力は、いったい何なのか。

「とにかく、自分がやりたいと思ったことは全部チャレンジしたい。昔からすごく好奇心が強いんです。自分で決めたことなのでやりきりたい」

6月24日、25日には、ホームアリーナで2連戦を戦い、いずれも敗戦。開幕戦に参加できなかったメンバーも揃い、さいたまサイコロからは2点を奪えたものの2-10と点差をつけられ、昨シーズンの女王・バルドラール浦安ラス・ボニータスには0-16で大敗した。

次節、7月1日は流経大メニーナ龍ケ崎と戦う。

2020-2021シーズンのリーグ参入以降、宇部が勝ち点3を挙げたのは、流経大とエスポラーダ北海道イルネーヴェだけだ。しかも北海道は前節、立川に引き分ける好ゲームを見せており、調子は上向きだ。チームにとっては次の流経大戦が「1勝」を手にする最大のチャンスであることは間違いない。

「負けてしまっていても、プレーしていて楽しいと思える瞬間はたくさんあります。まずは1勝したいし、このチームで勝ちたい。それしか今は考えていません」

時髙は、そう強く話した。チーム名の「ミネルバ」は、ローマ神話の女神を由来としている。さしずめ彼女は、山口の女子フットサルを盛り立てる「宇部の女神」だ。時髙は、前向きにひたむきに、今日もピッチで戦い続ける。

■次節試合日程

7月1日(土)

時間 カード 会場
15:00 ミネルバ宇部 vs 流経大メニーナ龍ケ崎 サイデン化学アリーナさいたま

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼