SAL

MENU

作成日時:2023.09.16
更新日時:2023.09.21

【日本代表】16日深夜、準決勝で“宿敵”イランと6カ月ぶり再戦へ!ブラジル、サウジアラビアのグループを1勝1敗で突破|Futsal Nations Cup

PHOTO BY勝又寛晃、高橋学

日本代表は9月16日、ブラジル・ソロカーバで行われている国際親善大会「Futsal Nations Cup」のグループステージを1勝1敗で突破し、準決勝進出を決めた。準決勝は17日(日)、日本時間1時から“宿敵”イランと戦う。

ブラジルとの1年ぶり再戦は0-2で敗戦

 

6カ国が参加する今大会、ホスト国であるブラジル、サウジアラビアと同組のグループAに入った日本は、14日にブラジルとの初戦を戦った。

ブラジルとの対決は、2022年9月に日本で2試合を戦った国際親善試合以来、約1年ぶりとなる。今回はブラジルの大観衆のなかでの一戦となった。

2分、相手ピヴォへの浮き球を平田・ネト・アントニオ・マサノリが胸で受けて足元に落とすと、これを吉川智貴が拾って右サイドを突破してフィニッシュ。これは惜しくも左に逸れたものの、日本は攻撃的な姿勢を示した。

一方、守備でも体を張っていた。3分、ブラジルにゴール前の決定機をつくられたものの、吉川が相手の足元からボールを刈り取ってピンチを脱した。さらに6分、左サイドのカットインから鋭いシュートを打たれたものの、黒本ギレルメが正面で受け止めると、その後も日本の守護神がファインセーブを連発し、ブラジルの攻撃を耐え凌ぎスコアレスで試合を折り返した。

第2ピリオドに入り、23分に日本がチャンスをつくる。相手陣内でのキックインから、逸見勝利ラファエルがボレーでゴールを狙うも、これはGKに弾かれ得点には至らず。すると直後の24分、右サイドでの1対1から左利きのアタッカー、マテウスに切り込まれ、ブラジルに先制点を奪われた。

その後も、黒本がピンチを凌ぎ連続失点を許さない日本だが、あらゆる点で上回るブラジルから決定的なシーンをつくることができず、逆に、自陣に押し込まれる時間が続く。すると35分、2019-2020シーズンまで名古屋オーシャンズでプレーしたラファに左足での反転シュートを決められ、0-2に。

日本は終盤にタイムアウトをとって一矢報いる戦いを見せたかったが、相手ゴールを陥れることができないまま試合は終了。世界ランキング1位のブラジルを相手に集中力を切らさずに粘り強い守備を見せたものの、得点を奪えないまま、ホスト国から金星を挙げることはできなかった。



アルトゥール&堤のゴールで準決勝進出

16日、日本時間3時半に、日本はサウジアラビアとのグループステージ第2戦に臨んだ。

2分、ゴール前でボールを失いシュートを打たれるも、右ポストに救われるなどいきなりのピンチを逃れた日本は3分、左サイドからのマイナスのパスをオリベイラ・アルトゥールがミドルで狙うも、枠内を捉えたシュートはGKに阻まれる。互いに譲らない戦いは、スコアレスで第1ピリオドを終えた。

迎えた第2ピリオドは早々に試合が動く。22分、右サイドでの1対1で原田快が倒されてフリーキックを獲得すると、上村充哉から左へと送られたパスをアルトゥールがダイレクトで右足一閃。守備陣の間をすり抜けたコントロールシュートがゴール右上に突き刺さり、日本は待望の先制点を奪った。

33分、GKが持ち上がってパワープレーを仕掛けてきたサウジアラビアに、見事なダイレクトパスから失点を許したが、日本は慌てない。キックオフの流れから、自陣の底辺でボールを持った吉川が右サイドへ浮き球のパスを送ると、ボールを受けた堤優太が左足でゴールを陥れ、すぐさま勝ち越した。

残り5分となり、サウジアラビアはパワープレーで同点を狙ってきたものの、日本は失点を許すことなく2-1で勝利を収めた。

この結果、日本は1勝1敗のグループ2位で準決勝へと進出。17日(日)日本時間1時から、グループBで1位のイランと対決する。

2022年10月に行われたアジアカップ決勝では3-2で勝利し、木暮賢一郎監督が率いるチームで初めてアジアの頂点に立ったが、その後、今年3月の国際親善大会では決勝で1-4で敗れている“宿敵”である。

これまで何度も対戦してきた日本の最大のライバルとの一戦は、間違いなく激闘となるだろう。親善大会とはいえ、負けられない戦いとなる。



Futsal Nations Cup 大会日程・結果

グループステージ
9月14日(水) 8:00 日本 0-2 ブラジル
9月16日(土) 3:00 日本 2-1 サウジアラビア
ノックアウトステージ
9月16日(土) 21:00 5位・6位決定戦 コロンビア vs サウジアラビア
23:00 準決勝① ブラジル 6-2 パラグアイ
9月17日(日) 1:00 準決勝 日本 0-2 イラン
19:00 3位決定戦 日本 3-7 パラグアイ
22:00 決勝 ブラジル4-2イラン

※いずれも日本時間

[参加国]
ブラジル、パラグアイ、コロンビア、イラン、サウジアラビア、日本

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼