SAL

MENU

作成日時:2023.10.08
更新日時:2023.10.08

【日本代表】圧巻のハットトリックで勝利をもたらしたオリベイラ・アルトゥール「2点目と3点目に関しては運がよかったから(笑)」

PHOTO BY本田好伸

日本代表は7日、AFCフットサルアジアカップ2024予選の初戦でオーストラリア代表と対戦し、4-0で勝利。試合を終えた直後、3ゴール1アシストで勝利に大きく貢献したオリベイラ・アルトゥールに話を聞いた。

↓日本代表の全てがここにある↓



開幕戦だったので、一番心配していたのは緊張

──フィジカルの強いオーストラリアを無失点で抑え、アルトゥール選手は3点を決めました。

試合をコントロールすることを任せてもらっていて、チームが緊張してミスがあってもゲームコントロールをすることができました。開幕戦だったので、一番心配していたのは緊張でした。でも、ミスと緊張があっても勝てれば問題ないです。強くなるチームをつくるために、最初の試合が大事で、勝利が一番の効果をもたらします。

──アルトゥール選手は緊張しましたか?

僕はいつも緊張してます(笑)。だけどベテランだから若い選手を助けなければいけないですし、緊張してもやらなければいけないのが僕の仕事です。

──みんながなかなかシュートを決められないなか、一人で3点も決めていますが。

2点目と3点目に関しては運がよかったからです(笑)。今日はけっこう滑らないコートで、ボールがゴムみたいな感じでした。普通のコートと違って、僕が運んだ時にボールがちょっと遅くて蹴りにくかった。

3点目は、本当は裏を狙っていたんですが、ボールが遅くて走らなかったです。自分たちは速いタイプのチームだから、このコートは一番(相性が)悪いです。日本は滑るコートが多いですし、かなり違いました。アジアだけの特徴なのか、わからないですけど(コートのことは)僕の問題ではないです。



智貴はいつもセグンドに入ってくれる

──先制点の場面については、吉川智貴選手へのパスだったのか。それともシュートを狙っていたのでしょうか?

(吉川)智貴とは名古屋オーシャンズで一緒にやったことがあるのでわかりますけど、いつもセグンドに入ってくれる。なのでシュート性のパスのイメージで出しました。

──アルトゥール選手がほぼ4点を決めた試合でしたね。

いや、1点目は智貴さんの(おかげで決まった)ゴールです(笑)。

──新しいスタイルではピヴォがゴール前に近くないので、他のポジションの選手が点を決めることがすごく大事なように感じますが。

いろいろな国のプレースタイルを見ていスペインやブラジルも3-1だけでなくクワトロ(4-0)をしていて、他のパターンもつくってワールドカップへ向かうために準備しています。

↓日本代表の全てがここにある↓

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼