SAL

MENU

作成日時:2023.10.08
更新日時:2023.10.09

【日本代表】終盤に公式戦デビューを果たした山中翔斗「ずっと準備していたので“やっときたか”という気持ち」

PHOTO BY本田好伸

日本代表は7日、AFCフットサルアジアカップ2024予選の初戦でオーストラリア代表と対戦し、4-0で勝利。試合を終えた直後、公式戦デビューを果たした21歳の山中翔斗に話を聞いた。

↓日本代表の全てがここにある↓



思ったよりも緊張しなかった

──まずは試合の感想を教えてください。

勝ててホッとしています。

──日本代表デビュー戦でしたが、どんな気持ちでしたか?

思ったよりも緊張しなかったです。公式戦というだけあってお客さんもたくさんいて、ワールドカップに向けた大事な大会でデビューできたのはこの先に向けてもとても大事なことだと思います。

──木暮賢一郎監督に「行くぞ」と言われてピッチに立った時はいかがでした?

「行くぞ」と言われたのは4点目が決まった時です。ずっと準備していたので、「やっときたか」という気持ちでした。入ってみて、やっていることは変わらず、ここまでみんなが頑張ってくれていたので、追加点を取るという気持ちではいましたが、コンセプトである動きや走り回ることはできたかなと思っています。



自分の持ち味は出せた

──長い時間ではないですが、右サイドでボールを運んだシーンなど、なにかを見せようとする姿勢を感じました。この試合を経て、もっとこうしたいなどは?

このオーストラリアとの公式戦で少し出て、自分の持ち味である前に行くところやドリブルを仕掛けるところは、自分のなかではできたかなと思います。自信にはなったので、次、中3日で試合ですが、まずは回復して、試合に向けて自分ができることをしようと思っています。

──この試合に向けて町田のチームメートからのメッセージもありましたか?

町田の選手ではクレパウジ・ヴィニシウス選手から、いつも仲良いのですが、メッセージのやり取りをしました。「頑張ってきてね」と。

──ご家族からも?

家族とはあまり連絡を取っていないので、メッセージでのやり取りはしていなくて、家を出る時に「頑張ってきてね」と言ってもらったくらいですね。

↓日本代表の全てがここにある↓

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼