SAL

MENU

作成日時:2023.12.23
更新日時:2023.12.24

【F1ファイナルシーズン|記者会見/大分vs名古屋】大分に敗れて首位・町田との勝ち点差は7。7連覇が絶望的な状況に主将・篠田龍馬「受け入れられない結果になってしまった」|上位リーグ第23節

PHOTO BY勝又寛晃

12月23日、町田市立総合体育館にてFリーグ2023-2024ディビジョン1ファイナルシーズン上位リーグ・第23節が行われ、バサジィ大分名古屋オーシャンズが対戦。名古屋は3-4で敗戦した。

逆転優勝のためには勝利が絶対条件の名古屋は幸先よく先制する。3分、清水和也のパスをダルランが左足で流し込んだ。しかし、7分にオウンゴールで同点に追いつかれると、8分にもカウンターから失点を喫して1-2とリードされる。さらに19分には3失点目。1-3で第1ピリオドを折り返した。勝利のために3点以上が必要になった名古屋は、第2ピリオドのスタートから怪我明けのアンドレシートを投入し、パワープレーを仕掛ける。1-4とされた後、37分、40分と連続ゴールで1点差にしたものの時すでに遅し。残り4試合で、町田との勝ち点差が7と開く結果となった。

記者会見を終え、フエンテス監督と篠田龍馬が記者会見に出席した。



チームの成熟が足りなかった

●名古屋オーシャンズ|フエンテス監督

──試合を振り返って。

試合の入りは良かったと思います。スコアを先に動かすことが大事だと考えていて、それができました。ただ、自分たちがオウンゴールで失点してしまって、2、3点目を喫してしまった。

1-3で折り返すような内容ではなかったはずです。しかし、今シーズンここまで何度もあったような展開になってしまいました。我々がチャンスを決められなかったなかで、相手は決めてきました。

後半は3点が必要な状況で、自分たちでリスクをかけなければなりませんでした。4点目を決められても、最後までゴールを狙い続けました。最後に2点を決めたものの、追いつくことはできませんでした。

──今日の試合もそうでしたが、今シーズンうまくいっていない要因は、どこにあると考えていますか。

うまくいっていないのは何か一つだけという理由ではありません。いろいろなことが影響しています。開幕前のオーシャンカップでは優勝できて、良い流れでした。リーグ戦も開幕から6連勝できました。

ただ、(初黒星となった第6節の)大阪戦でフィクソの宮川(泰生)に不運なアクシデント(※試合中の脳震盪による長期離脱)があって、チームとしてフィクソが1人になったり、他の人がフィクソをやらなければいけなかったりする時期がありました。アンドレシートの怪我もあって、ギリギリな状態が続きました。

今シーズンは選手の入れ替わりも激しかったので、チームの成長、成熟に時間がかかりました。他のチームが成長しているなかで、我々がよりよくなれなかったこと。それが今までのシーズンと異なる結果につながってしまったと思います

──アンドレシートが久々に出場しました。まだ怪我をしているように見えましたが、起用に踏み切った理由は。

まだ少し違和感がある状態ではありましたが、パワープレーではあそこ(右サイド)のポジションをやっているので起用しました。(同じ左利きの)甲斐(稜人)と入れ替えながら起用していましたが、良い仕事をしてくれたと思います。パワープレーに関しても全体的にはよかったが、最後のところでシュートが決まりませんでした。

本当に難しい結果になった

●名古屋オーシャンズ|篠田龍馬

──試合を振り返って。

フエンテス監督が言ったように、今シーズンを象徴するようなゲームでした。絶対に勝たなければいけないゲームで、選手全員がわかっていた。ただ、こういう結果になってしまうというのは……ちょっとのミスからでしたし、今シーズンは同じようなことを繰り返してしまっている。

(負けたことで)本当に難しい結果になってしまったと率直に思います。1-3になったのが全てでした。後半はパワープレーで、みんな限界までやってくれたけど、届きませんでした。

前半の段階で試合を決めるチャンスはありましたが、それが逆になってしまった。受け入れられない結果ですし、責任は感じています。あと4試合ありますし、何が起こるかはわかりません。引き続き準備して、諦めることなくやるしかない。それが今日出せなかったことに後悔はありますが、やっていくしかありません。



▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼