SAL

MENU

作成日時:2024.04.18
更新日時:2024.04.19

フットサルアジアカップ開幕前に知っておくべきW杯出場条件!日本代表は4枠の切符を勝ち取れるか!?

PHOTO BY本田好伸

4月17日から4月28日、タイのバンコクにて開催されるAFCフットサルアジアカップ2024。2016年大会以来のFIFAワールドカップ予選を兼ねた重要な大会を前に、本記事では今大会の見どころや、W杯への出場条件について解説する。

↓日本代表の全てがここにある↓




アジアでのW杯出場枠は“4枠”

フットサル日本代表は、4月17日から行われるAFCフットサルアジアカップに出場する。今大会は、今年の9月14日から10月6日までウズベキスタンで開催される第10回FIFAフットサルワールドカップへの出場権を懸けた大会だ。

アジアからのW杯出場枠は、4枠。日本代表がFIFAワールドカップに出場するためには、本大会での準決勝以上に進出する必要がある。ただ、今回のW杯はウズベキスタンが開催国枠としての出場が決定しているため、上位4チームにウズベキスタンが入った場合は、5番目の出場国を決めるプレーオフが行われる。

グループCに所属する日本代表は18日にキルギス、20日に韓国、22日にタジキスタンと1回戦総当たりのリーグ戦を行い、上位2チームがノックアウトステージへと進出する。

本大会で過去12回の優勝を誇るイランはグループDに所属。「イランが1位、日本が2位」もしくは「日本が1位、イランが2位」でグループリーグを通過した場合は、前回王者と前々回王者がW杯出場を懸けた準々決勝でつぶし合う可能性がある。

6度目のW杯出場を目指す

日本は1999年に始まったアジアカップに、過去16大会の全てに出場。2006年、2012年、2014年、そして前回大会の2022年とアジアを4度制覇を達成している。

日本はワールドカップに過去5回出場しており、2012年のタイ大会では初のグループステージ突破を果たし、ベスト16の成績を収めた。しかし2016年はアジアカップで敗れ、ワールドカップ出場を逃している。

2021年はコロナ禍の影響で予選が中止となり、2022年は過去の大会の成績によりW杯に出場した。今回ワールドカップへの切符をつかむことができた場合、アジア予選を勝ち抜いてのW杯出場は、2012年大会以来12年ぶりとなる。

グループステージ第1戦は、18日の日本時間20時からキルギス代表と対戦する。アジアカップは全試合DAZNでの放送も決定。フットサル日本代表のW杯を懸けた戦いを見届けよう!

↓日本代表の全てがここにある↓




▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼