SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
Fの主役は俺だ!
SAL LINE公式アカウント
ブルーノ・ジャパンの挑戦
2021.03.24

優勝賞金10万円を懸けた「3対3」のスモールサイド新感覚フットボールが開幕!元日本代表・稲葉洸太郎が、賞金2倍チャレンジの“刺客”として登場

PHOTO BY松岡健三郎

3分以内にトドメを刺してピッチに勝ち残れ!

3月21日(日)、春の嵐となった春分の日、都内で「3x3FOOTBALL BATTLE Vol.1」が開催された。文字通り「3対3」のスモールサイドフットボールだ。主催は昨年末に設立された一般社団法人3x3FOOTBALL連盟。2002年日韓ワールドカップのときに開催された「ナイキスコーピオン・ノックアウト」をモデルとし、新たなルールを付け加えたものだ。勝者がピッチに残り続け、多くの勝利を挙げたチームがチャンピオンとなる。

<主なルール(公式ルールを抜粋・要約したもの)>
①約10×18mのスモールフィールドで、ミニゴールを設置
②⼤会時間内の2時間で合計勝利数を争う
③3対3の3分間マッチ
④2点先取したらその時点で勝利
⑤3分経って1点リードしていたらそのチームの勝利
⑥同点の場合は両チーム敗退
⑦勝ったチームは継続か否かを選べて、連勝を伸ばす

ちなみに今大会の最多連勝記録は4連勝だった。

時折、雨風が激しくなるなかで行われた「3×3フットボール」。ボールが滑ったり、足を滑らす場面もあったが、レベルの高いプレーも随所にみられ、会場が沸く場面も多々あった。

2時間の中で何度もエントリーができて、2コートに分かれて順番を待つ。優勝を争ったのは3チーム。しかし、他のチームの勝利数は公表されていないため、自分たちがどれだけ優位に経っているかは分からない。

大きな体格を武器に連勝記録を作った「かんまーるのちーむ」
バランスよく、3×3の戦い方を知る「C.T.R.Z.」
足ワザに長けた魅せるフットボール「BOA SORTE」

2時間のバトルの末、実は残り時間2分で開始した試合まで、この3チームの勝利数が並ぶという激戦が繰り広げられていた。しかし、他のチームの勝利数は公表されていないため、誰も分からないまま迎えた残り1分で、巧みなロングシュートを立て続けに2本決めて最後の試合で勝利を収めた「C.T.R.Z.」がギリギリで抜け出し、初代チャンピオンの座を勝ち取った。

第1回大会は劇的な幕切れで「C.T.R.Z.」が、賞金10万円をゲットした。

これで終わらないのが、この大会だ。

賞金10万円を「ダブルアップチャレンジ」で倍にできる、スペシャルなチャレンジが待っていた。もちろん、ベットしないで10万円を持ち帰る選択もできる。

それでも「C.T.R.Z.」は即答で「やります!」。

勇気あるチャレンジに会場のボルテージは最高潮。その相手となるスペシャルチームの3名は、元フットサル日本代表・稲葉洸太郎と、同じく元フットサル日本代表・太見寿⼈、日本屈指の卓越した技術を持つストリートフットボーラー”K”。この3人に勝利すれば賞金が20万円に。しかし、同点か敗北の場合は賞金がゼロになる。

バトルがスタートした。先制したのはC.T.R.Z.。外から中にボールを動かす。もしくは、ゴール前に張り付くDFを動かす。3×3のセオリーともいえる動きから、まだ試合に慣れていない元フットサル選手を手玉に取り、遠目から木場悠作がシュートを決めて先制。これはあるぞ!と思ったのも束の間。

スイッチが入ったスペシャルチーム。すぐさま稲葉&太見のホットラインからゴールを決めて同点。勝たなければ賞金がゼロになってしまうC.T.R.Z.は残りわずかな時間で攻め込むが1-1のままドロー決着。夢の20万円は、激しく降りしきる雨とともに流されてしまった……。

「コロナ過でこのような大会に出場できてうれしかったです。サッカーでもない、フットサルでもない、違った形のフットボールで、足ワザを見せる良い大会にめぐり会えて楽しかったです。チームとして“#アソビタオセ”たなと思います!次回もあれば、次こそは20万円を獲りたいと思います!」

元Jリーガー、元Fリーガー、国内の主要スモールサイドフットボール大会の王者たちもエントリーしていたハイレベルな大会を制したのは、adidas TANGO LEAGUE TOKYO 2019王者であり、3×3の経験も豊富な「C.T.R.Z.」。見事なプレーを見せて「3x3FOOTBALL BATTLE」初代王者に輝いた。

次回大会は5月頃に開催予定。詳細は、3x3FOOTBALL オフィシャルInstagram(@3x3football_official)から。

写真・文=松岡健三郎

■3x3FOOTBALL公式ルール
・大会時間内での合計勝利数を争う。
・勝利数が同じ場合は該当チームで優勝決定戦を行う。
・GKなしの3対3。
・勝ち残り方式(制限時間3分 / 2点先取時点で勝利)。
・3分経過して勝敗が決まらない場合は、 得点が上回っているチームが勝利。 引き分けの場合、 両者敗退。
・敗退したチームはピッチから退場し、 次の試合順番待ちへ。
・同一人物がイエローカードを2枚もらった場合、 相手チームにPKが与えられる。
・ゴールを阻止するハンドや決定機を阻止するファウルの場合、 相手チームにPKが与えられる。
・警告は試合毎にリセットされる。
・リスタートはボールから2m離れる。
・ゲーム開始時のキックオフは前の試合から勝ち残っているチームが行う。 得点後のキックオフは得点したチームが行う。

■3x3FOOTBALLとは
3x3FOOTBALLは、小さなコートの中でテクニック・フィジカル・駆け引きを巧みに駆使し、ライバル達と勝利数を競い合う3人制のフットボールです。ゲーム性に富んだルールでフットボールの楽しさを追求していきます。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami