SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア

【フットサラーのための食事講座】フットサル終わった後にビールを飲むのはアリ?ナシ?

PHOTO BYiStock

運動後の一杯はほどほどに

先ほどの3つの栄養素を、運動後にできるだけ早く摂取することが、筋肉疲労を起こさせない重要なポイントです。なので、みんなでフットサルをやった後にお昼ご飯やお夕飯で、意識して摂取すると効果的ですね。

でも“運動後の一杯”が最高なんですよね(笑)。その気持ちはよくわかりますが、アルコールの摂取はほどほどにしましょう。

アルコールは肝臓で解毒と代謝が行われるため、糖質やたんぱく質の代謝が後回しになってしまいます。さらにアルコールを過剰に摂取すると、その代謝にビタミンB1が使われるため、疲労回復が遅れてしまうのです。

また、運動後の疲労回復と言えばクエン酸を思い浮かべる方も多いと思います。実際に筆者も小学校、中学校、高校とおよそ10年間、剣道に励んできた中で「練習後にクエン酸を摂取しろ」とレモンの輪切りやポンジュースなどを飲んでいました。

しかし国立健康・栄養研究所の「『健康食品』の安全性・有効性情報」には、クエン酸によるヒトへの有効性については、信頼できる十分なデータが見当たらないと書かれているのです。

なので、現時点では筋肉疲労の回復を過度に期待してクエン酸を摂取することは控えた方が良いかもしれませんね。

食事の知識を正しく得て、楽しいスポーツライフを送りましょう。

▼ 関連記事 ▼

Bitnami