SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.06.01

【F1第2節/すみだ×大分】“タレントの宝庫”大分が復権へ。「7月くらいにはもっと違う魅力を持ったチームになる」(大分 伊藤雅範監督)

PHOTO BY軍記ひろし

6月1日(土)にFリーグ2019/2020 ディビジョン1第2節、フウガドールすみだとバサジィ大分の一戦が墨田区総合体育館で行われ、アウェイの大分は3-1で競り勝った。

開幕2連勝を狙う大分は、5分にセットプレーから失点し、その後も相手の攻守に苦戦を強いられたものの、ハイレベルな駆け引きを見せながら、完全には試合のペースを渡さなかった。

大分は後半に入ってさらに厚みのある攻撃を繰り広げると、相手ゴレイロに封じられる場面が目立ったものの、徐々にチャンスを増やしていく。35分、終盤のパワープレーを見据えてセットの組み替えを行なった大分は、ピッチにヴィトン、レイチ、山田・ラファエル・ユウゴ、森洸という強シュートを持つタレントを並べる。すると36分、右サイドに流れた森が放ったシュートがネットに突き刺さって同点に追いついた。

すみだがパワープレーに出てきたところで、大分も38分にタイムアウトを取って、勝ち越しを狙ったパワープレーを開始。するとそのわずか8秒後、ゴレイロに入った白方秀和が右サイドから放ったシュートパスに山田が反応。ついに逆転に成功した。そこから相手が猛攻を仕掛けてきたものの譲らず、逆に残り12秒、森のパワープレー返しが決まり、試合は終了。

攻守に粘り強さと個々の能力の高さを見せた大分が連勝を飾り好調をアピールした。

お互いに素晴らしいゲームを作れた

伊藤雅範監督(バサジィ大分)

──今日の試合を振り返って。

どちらのチームが勝ってもおかしくはないゲームになったのかなと思います。ただお互いに素晴らしいゲームを作れたのではないかと思っています。

──残り1分42秒でタイムアウトを取って、(相手もパワープレーをしてきているなかで)パワープレーを始めました。(直後にゴールも生まれましたし)タイミングも会心だったのかなと思いますが。

そういうふうに言ってもらえるとお酒でも一杯ご馳走したいですけど(笑)。本当は先に(タイムアウトを)取ろうと思っていたのですが相手に先に取られてしまって、一度受けて、自分たちのことをやろうという流れになりました。(会心のタイミングになったことも)意図はしていないです。

──終盤に同点だった場合はパワープレーでいくことを事前に想定していた?

今日は、そういうふうにしていました。当然、相手によっては(同点のまま)守り切るということも考えられます。今シーズンのすみだがどうやってくるか、パワープレーをしてくるかもわからないので、そうであれば自分たちがパワープレーをした方がリスクがないのではないかと、今回はそういう選択をしました。

──同点ゴールが生まれた場面ですが、そのタイミングでピッチに投入していたセットは、それまでの構成と違いました。ヴィトン、レイチ、山田・ラファエル・ユウゴ、森洸という、シュート力を持っているインパクトのあるセット。そこも狙い通りだったのでは?

そういうことを言われるとお酒を奢りたくなります(笑)。(残り5分で0-1だったので)点を取りにいきたかったですし、森洸以外はパワープレーに関わらないセットを作って、その時間帯に圧力を掛けたいという狙いはありました。あとは今シーズンのうちにはシューターがそろっているのではないかなと思っています。もう少し、芝野(創太)や小門(勇太)がフィットしてくると、また違う魅力を持ったチームになると思っています。本当にオーシャンカップ初戦が、初めて全員がケガなく出場できるというところで、そこから考えると3週間。まだまだいろんなコンビネーションが合わないところがあるので、6月は苦しくなるだろうなと。でもそこを乗り切れれば、7月くらいからはもうちょっとチームにいろんな選択肢ができると思っています。

──次節に向けて。

冷静になってから考えたいと思います。まだ僕らも、すみだもリーグ戦が始まったばかりなので、これからどういうシーズンを過ごしていくか、6月、7月が大事になってくると思います。今日は素晴らしい試合ができたと思いますし、次にすみだと当たるときに、また素晴らしいゲームを作れるように、いいシーズンを送れるように戦っていきたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami