SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.06.09

【F1第3節/町田×すみだ】町田に完勝しチームに手応え「今シーズンは良い一年をサポーターと過ごせる」(すみだ 須賀雄大監督)

PHOTO BY軍記ひろし

6月9日(日)にFリーグ2019/2020 ディビジョン1第2節のペスカドーラ町田vsフウガドールすみだが町田市立総合体育館で行われ、すみだは7-5で勝利した。

前節はホーム開幕戦でバサジィ大分と対戦し、今季初黒星を喫したすみだ。連敗阻止を目指して臨んだ町田戦では、立ち上がりからペースを握ると6分に田口元気のゴールで先制。8分にも田口が追加点を奪うと、その後は町田がパワープレーに出るが、この流れから2点を追加する。18分には中田秀人がゴールを奪い、町田の反撃をその後の1点にとどめたすみだが、5-1と大きくリードして試合を折り返した。

後半は町田のパワープレーを耐える展開の中、22分に失点を喫するが、32分に中田と春木啓佑が連続でゴールを奪って7-2とリードを広げる。終盤にかけては町田が点を重ねていくが、すみだが逃げ切りに成功。前節の敗戦を払拭する内容ですみだが勝利した。

日々のトレーニングから高い強度で

須賀雄大監督(フウガドールすみだ)

──試合を振り返って。

日々のトレーニングが強度高くできていて、そのままのプレーしてもらいたいと思っていました。毎日厳しいトレーニングが続いている中で、今週は全トレーニング集中してくれましたし、試合で体現して結果に繋がりました。タフなトレーニングを乗り越えている選手たちを尊敬していますし、これを30試合続けられるかで順位が決まります。今日の試合を最低限に、もっと良い練習をしていきたいと思います。

──開幕からセットを固定せずに入れ替えながら戦っている印象だが、その狙いは?

メンバーに入っていない選手も含めて、レベルが高い選手が揃っているイメージです。コンディションが良く、その状況に適応できる選手を送り込むことができています。

スーパースターのような派手さがある選手がいない分、全員が高いレベルでタスクをこなしています。それは今シーズンを勝っていくために必要なことです。今日出ていた選手も、次の練習で気を抜けば次のFリーグ選抜戦に入れないです。緊張感を含めた競争が良い方向に出ていると思います。

──高い位置の選手にうまくボールを当てられているような印象だったが?

このチームの売りの一つに、ピヴォをどう生かすかというものがあります。それは下部組織を含めて大事にしているマインドです。ゴールに一番近い選手を目印に、全員がピヴォにボールが入る直前からスタートを切る。自分のマークを置き去りにしていく。それがうまくいかないと切り替えゼロ秒。これが体現できています。

──タフなトレーニングの成果だと言うが、ここまでの戦いに手応えを感じているということか?

その通りです。大分戦も残り3分まで勝っていました。こちらもパワープレーに出て、ホームで勝ちきりたいという思いからリスクをかけた中での敗北でした。負けはしましたが、選手たちは出し切ってくれました。前回の負けを最低限にして、それより上を目指せば今シーズンは良い一年をサポーターと過ごせると思います。

諸江剣語(フウガドールすみだ)

──試合を振り返って。

ペスカドーラ町田は監督が変わってメンバーも変わり、まだフィットしてない感じがあった中で初戦を勝つことができました。課題は残りましたが、勝つことができて良かったです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami