SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.06.15

【F1第4節/すみだ×F選抜】デネルが来日初ゴール!「フィニッシュも、ゴールへのプロセスも良かった」(すみだ 須賀雄大監督)

PHOTO BY軍記ひろし

6月15日(土)にFリーグ2019/2020 ディビジョン1第4節が行われ、フウガドールすみだはホームでFリーグ選抜と対戦。先制点を許したものの逆転して5-2で勝利した。

すみだは、序盤から主導権を手にして再三にわたってチャンスをつくったが、相手ゴレイロのビッグセーブや粘り強い守備に遭い、ゴールが遠い展開。攻め続けたものの、17分に先制点を与えてしまった。

しかしその22秒後、左サイドでパスを受けた中田秀人がコースを突く絶妙なシュートを決めて同点とすると、19分には右サイドに流れたデネルが、諸江剣語からの背後からの浮き球パスを受け取ると、ゴレイロの動きを見ながらループシュート。これがゴールに吸い込まれ、リーグ戦4試合目で初ゴールをマークした。

勝ち越して迎えた後半、立ち上がり14秒で今度はガリンシャが左からループシュートを決めると、21分に田口元気、22分に岡村康平が得点を挙げ、一気に4点差をつけることに成功。25分に失点したものの、その後は危なげない戦いを見せながら、5-2で完勝。終わってみれば、相手の16本に対して、43本ものシュートを放つなど、終始攻撃的に試合を進めたすみだは、今シーズンのホーム初勝利を手にした。

畠山勇気の成長が、日本の、すみだの成長につながる

須賀雄大監督(フウガドールすみだ)

──今日の試合を振り返って。

自分たちとしてはホームということで、主導権を握って、そこでゴールを奪って、そこからさらに発展をしていくというプランがありました。概ねやろうとしていることはできていて、チャンスは作れていましたし、相手のゴレイロが素晴らしかったということはありますが、やはり自分たちが課題としている決定力が出てしまいました。最終的にこの点差で終われたのは喜ばしいですが、3位以内に入るシビアな戦いを勝ち抜いていくには、あの時間帯(チャンスを作れていたとき)に点を取れることが大事だと思います。そういう意味では、手放しで喜べないのが本音です。ただ、やはり勝って反省できることは、かつて自分たちが上位にいたときにはそういうイメージを持っていたので、それができることがいいと思うので、選手が素晴らしかったと思います。

──今日はデネル選手の初ゴールや、ガリンシャ選手の4試合連続ゴールがありましたが、その2つの得点は相手ゴレイロが前がかりになったところをループで決めました。そこは狙いとして持っていた印象があったのですが、チームとしてというよりかは、個人の判断でのゴールだった?

あえて上を狙うといった指示はしていないですが、岡村康平の3対2の(数的有利を作れていたわけではない状況での)シュートも含めて、すべての選手がゴールを意識しています。そういうランニングから、シュートだけではなく、その前から始まっているプレーに、今シーズンはかなり高い意識で取り組んできました。常にゴールに向かっていくなかで相手との駆け引きがあると思っています。

そういう意味では、フィニッシュの最後の局面も素晴らしかったのですがそこに至るまでのプロセス。ランニングの質、3対2でも具体的にどう走っていくのか、スペースに走るのかゴールに向かうのかでも全く違うと思います。そういったところの質が出たと思っています。

──試合とは直接は関係ないですが、(フウガドールすみだに所属していて、Fリーグ選抜で戦う)畠山勇気選手がU-20日本代表として「AFC U-20フットサル選手権イラン2019」に出場しています。彼へのメッセージはありますか?

普段から勇気には厳しい注文をつけています。今回、Fリーグ選抜をスカウティングするにあたり、今日は彼とは対戦しないので、彼のプレーで思ったことを事前に伝えさせてもらいました。違うチームで戦っていますが、彼の成長が日本の成長、フウガドールすみだの成長につながっていると思うので、細かいところで彼のプレーで良かったところや、こういったマインドでやってほしいというところを伝えています。

Fリーグ選抜は本当に画期的な取り組みだと思っています。それはトライができる環境だということ。そこになかなか置くことができない。三笠(貴史)も(昨シーズンFリーグ選抜で戦って)戻ってきてそんなに簡単ではないなと感じていると思いますが、やはりクラブは長い歴史があり、いろんな年齢の選手や、いろんなプレッシャーがあるなかで戦わないといけない。それはスポンサーやサポーターのみなさんからの期待でもあります。そういった様々なプレッシャーを受けながら戦うことは、Fリーグ選抜でのプレーとは違う感覚だと思います。だからこそ選手には、ある意味ではプレッシャーが掛かっていない状況でどれだけ自分ができるのか。自分の最大値を見せる、もしくは広げるような取り組みをしてほしいなと。

ただ、勇気は今、日本を背負って戦っているので、伸び伸びやる環境ともまた違います。十分にプレッシャーを感じてほしい。普通の選手では感じられないプレッシャーを味わって、そしてそこに打ち勝つ。そこから逃げずに正面からぶつかってほしい。彼はそれができるマインドだと思うし、今まで苦しい試合、相手が強いときほど燃える選手。それは中学1年生のときから変わっていないと思うので、今回もそういう強気なプレーを見せてほしい。Fリーグ選抜とは違うマインドで代表では戦ってほしいと思います。

──(代表戦が19時、すみだの試合が19時半キックオフで)ちょうど被ってしまいました。

どうだったんですか?

──結果をお伝えしてしまっていいですか?

はい。

──3-1で、勝ちました。

(もったいぶって話していた割には)普通なスコアですね(笑)。

──畠山選手もキャプテンマークを巻いてプレーしていました。

そうですか。ゴールは決めましたか?

──決めていないですね。

ですが、ひとまず勝って非常に嬉しいです。

──次節に向けて。

またホームで浦安戦。浦安も2勝1敗でいい状態だと思いますし、昨シーズンのリーグ戦は2勝1敗でしたが、前回の戦いでは負けているので、その意味では、浦安に勝つか負けるかで、上位を目指せるかどうかが決めってくるかなり重要な一戦になると思っています。この試合に向けて、いい準備を、いい練習をしていきたいと思います。

諸江剣語(フウガドールすみだ)

──今日の試合を振り返って。

自分たちで前半は難しくしてしまいました。あの雰囲気のなかで同点ゴールを決めた中田(秀人)が素晴らしかったと思います。Fリーグ選抜は結成してまもないチームですし、試合を重ねるごとにいいチームになっていくと思うので、次回も負けないようにしっかりと準備したいと思います。

──次節に向けて。

絶対に勝たなければいけない試合だと思います。次節(の24日)まで10日間ほど、少し時間が空くのですが、いい強度でトレーニングできているので、そこを落とさずに、いいコンディションで臨みたいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami