SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.06.16

【F1第4節/名古屋×町田】前節の敗戦を払拭する快勝も王者に慢心なし「波を作ってはいけない」(名古屋 星龍太)

PHOTO BY軍記ひろし

6月16日(日)、Fリーグ2019/2020 ディビジョン1第4節が行われ、名古屋オーシャンズはホームでペスカドーラ町田と対戦。8-1と前節の敗戦を払拭する大勝を飾った。

昨季限りで退団したペドロ・コスタ氏と酒井・ラファエル・良男氏が試合を見守る中、試合は行われた。名古屋は中小気味好くボールを回し、シュートを放つが三度もポストに嫌われれゴールが決まらない。しかし前半9分のペピータのゴールを皮切りに得点を量産。

10分にヴァルチーニョがゴールを決めると17分も星翔太がゴールを決めて3−0。18分に1点を返されてしまうが、前半残り1.5秒に関口優志の投げたロングボールをラファが頭で合わせて4−1で試合を折り返す。

後半は開始2分に左サイドを突破したヴァルチーニョの折り返しをペピータが決めると後半32分にもペピータがゴールし、ハットトリックを達成する。その直後にはこぼれ球に反応したヴァルチーニョもミドルシュートを決めて7-1。残り6分を切ったところでパワープレーを仕掛けられたが最後は星龍太のパワープレー返しがダメ押し弾となり8ゴールを決めて快勝した。

優勝するチームは連続で勝ち点を落とさない

フエンテス監督(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

こんにちは。非常にいいゲームができたのではないかと思います。先週の試合もあった中で、こういう形でいつもの私たちに戻れたことはいい点でした。勝つだけでは満足せず、最後まで勝者のメンタリティを持ったプレーを見せてくれました。これまでの私たちに戻ることができた感触があった試合でした。守備でも攻撃でもでいい展開でホッとしたゲームでした。

星龍太(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

まず、2試合連続で勝ち点を落とさなかったことが大事で、優勝するチームは連続で勝ち点を落とさないのチームなので、今日は勝ててホッとしています。監督の言うようにいい試合ができましたが、これに満足せず積み上げていくことが大事です。波を作ってはいけないので、平均点を上げて引き続き戦うことが大事かなと思います。

──先週、リーグ戦では久しぶりに敗れましたが、そこからどういう形で歩んでいきましたか?

試合に負けたときは沈みましたし反省点の多い試合でしたが、思ったより切り替えができていました。練習に対してのモチベーションも、僕から見てそれほど低くありませんでした。(チームとして)やってやろう、取り返してやろうという気持ちがありました。あまり僕がやることはなくて、みんながしっかりと感情をコントロールできていました。僕がやることはほぼなくて、ここで立て直すことが大事だとみんなが分かっていました。監督からもやらなければいけないという話をしてもらいましたが、それも大きかったです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami