SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.06.18

【F1第4節/浦安×湘南】改めて課題が露呈する敗戦…「昨年からシュートが課題として残っている」(浦安 アルベルト・リケル監督)

PHOTO BY軍記ひろし

6月17日(月)にFリーグ2019/2020 ディビジョン1第4節のバルドラール浦安 vs 湘南ベルマーレが浦安市総合体育館で行われ、浦安は1-3で敗れている。

前節のエスポラーダ北海道戦で今季2勝目を飾った浦安が、ホーム初勝利を目指して湘南と対戦。立ち上がりから湘南の裏のペースをついた攻撃を狙っていく浦安だが、要所でのミスが目立ちゴールを決めきれない。それでも先制された後の15分に右サイドのキックインから最後は長坂拓海がヘディングシュートを決めて同点とする。ところが、前半終了間際に再び失点して1点ビハインドで試合を折り返した。

まずは追いつきたい浦安だったが、後半も先に湘南にゴールを奪われて2点差に。その後はお互いに激しいプレーの応酬となると、浦安は34分から石田健太郎をゴレイロに入れたパワープレーを開始する。その後、多くのチャンスを作り出したがゴールを奪えずに試合は終了。後半はチャンスを作り出した浦安だが、ホームでの黒星となった。

相手よりも多くのシュートを打っているが

アルベルト・リケル監督(バルドラール浦安)

──試合を振り返って

前半は攻撃も守備も自分たちのやりたいことができてよかったと思います。自分たちは去年からやってきているチームで、最後の部分の苦手なシュートが課題として残っています。自分たちは相手より多くのシュートを打ちましたが、相手は少ないシュートで決めました。ただ、その中でも自分たちのやりたいこと、相手の良い部分は消せたと思います。

後半は明らかな決定機もありましたが、決めきれませんでした。また、試合が何度も止まる展開でリズムが難しかったです。自分たちは止められることでリズムが崩されました。リズムを作っていきたかったですが、それができずに残念です。

チームの姿勢はよかったですし、シュートもたくさんありました。それにも関わらず1点しか決められませんでした。どんなシチュエーション、セットプレーなども含めて1点を決めることが難しい状態です。一方で相手には少ないチャンスで決められました。

ただ、我々のゴールは自分たちがやりたいことをやって奪ったのも。13回も相手より多くのシュートを打っています。最終的に2つのゴールが違いとして現れました。この4試合を見て、シュートは相手よりも多く打っていますが、最後の部分で決めきれない状況です。

自分たちが届かないレベル高い選手がいる相手によくやったと思う。続けていきたいと思います。

──ハーフタイムで選手たちにかけた言葉は?

前半においては、自分たちが優位でしたし、特に言うこともありませんでした。ただ、ちょっとしたエラーで点を決められていました。負けていましたが、このまま続けていこうと。攻撃も守備も自分たちのやりたいフットサルはできていました。戦う姿勢に関しても最低限は出せたかなと思います。

──ゴールを決める部分でツキもなかったような印象だが、点を取るためには今のようにシュートをたくさん打つことを続けていくのか?

13回も相手より多くのシュートを打ちました。難しいですが、2倍シュートを打ってゴールが決まるのであれば、そのシチュエーションを作らなければいけません。今日の相手はブラジル人の3人が違いを作っていましたし、相手はそこをうまく使ってきました。そういった相手の長所を自分たちはうまく消せましたが、少ないチャンスでも相手は決めてきました。それでも、我々はこのまま続けなければいけないと思っています。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami