SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.06.23

【F1第5節/F選抜×名古屋】Fリーグ選抜に強さ見せつける7発快勝!「最後まで実力差を見せつけなくては」(名古屋 星龍太)

PHOTO BY軍記ひろし

6月23日(日)、Fリーグ2019/2020 ディビジョン1第5節、Fリーグ選抜vs名古屋オーシャンズが武田テバオーシャンアリーナで行われ7-1で勝利を手にした。

試合は開始早々に名古屋が先制する。高い位置で得たFKのチャンスをペピータが左にずらし、そこにいたヴァルチーニョがネットを揺らす。すると6分にはラファが個人技からゴールを決めて2点差に。8分、9分にも立て続けにゴールが決まり前半だけで4得点を奪う。

迎えた後半、名古屋は前半戦と同様に主導権を握った展開を繰り広げる。すると後半23分、相手陣でのこぼれ球に反応した吉川智貴がミドルシュートを決めて5-0。32分には水谷颯真の縦パスを受けた平田ネトアントニオマサノリが反転シュートを決めて6点差。35分に西谷良介が7ゴール目を決めるが残り2分26秒に失点。それでも、7-1と若手軍団を相手に強さを見せつけた。

まだ段階を踏んでいるところ

フエンテス監督(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

今週は非常にきついトレーニングを積み重ねた中でも、選手はいい結果を残してくれたことに大変嬉しく思っています。試合に入る前からしっかりゲームを支配できるように「集中していこう」と話をしました。それに選手はピッチで応えてくれて、主導権を握れたゲームでした。ゴールもいいタイミングで決めることができてゲームの流れをコントロールすることでき、ある程度余裕を作れた試合だったかなと思います。ただし完璧なゲームはなく、課題もありました。それでも私たちがやるべきことができてしっかりと点を取れて余裕のあるゲームができました。

──7-1で勝利を収めましたがどんなところに課題を感じましたか?

私たちがまだ、チームを作り上げている段階。対戦相手が試合の中で作る課題もあれば、私たちの戦術、戦略的なところでの課題もあります。ですが今のプロセスではセットプレーの部分ではまだまだ磨いていかないといけないです。ここからまだ、段階を踏んでいるところではあるのでその部分を強化していきたい。

星龍太(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

立ち上がり、うまくいったので僕たちの流れになったところで余裕を持ってプレーができた時間帯がありました。そこで僕たちが今シーズン、やっていきたいことや監督から言われている戦術に対してもっとクオリティ高くやっていかないところが課題。

Fリーグ選抜はこれから日本を背負っていく選手を育てるための活動。そこに対してトップのレベルがどのぐらいにまで高くあるかを教えなくてはいけません。まずは負けないことが大事ですけど、点差がついてそこで(強度が)落ちるのではなく、最後まで実力差を見せつけていかなければいけないというのはあるなと思いました。そういう使命はどのチームにもあると思います。

──来週はエスポラーダ北海道とフウガドールすみだという強度の高いチームとの連戦になります。

2連戦ですけどまずは1試合、1試合を考えないといけないです。ですがどちらも走るチームで、チームワークもすごいチームなのでなかなか崩れない2チームだと思います。2試合とも気の抜けない試合になると思いますが、まずは1試合1試合のことしか考えないでやることが大事。その上でクオリティを突き詰めていくことを監督は求めています。どういう結果になるかはわからないですけど今日みたいな入りのいいゲームをすることが大事かなと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami