SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.06.28

【F1第6節/大阪×F選抜】大阪が共同開催初日で勝利!新加入のドゥドゥの評価は?「相手に背を向けるプレースタイルで……」(大阪 比嘉リカルド監督)

PHOTO BY軍記ひろし

6月28日(金)、Fリーグ2019/2020ディビジョン1 名古屋共同開催の初日が行われシュライカー大阪はFリーグ選抜に2−0で勝利した。

一進一退の攻防を繰り広げた前半戦、先制したのは大阪だった。F選抜の4秒ルール違反によりゴール正面で関節FKを獲得。アルトゥールが右へ展開すると構えていた前鈍内・マティアス・エルナンが冷静に流し込んで1-0に。前半生まれたゴールはこの1点のみとなり、リードした状態で後半戦へ。

迎えた後半では23分に右サイドからカットインした加藤未渚実が早い時間帯にゴールを決めて2−0。その後も主導権を握りF選抜のゴールに迫ったがネットを揺らせず。残り5分を切ったところでパワープレーを開始されたが猛攻をしのぎ切って試合終了。大阪が勝ち点を16に伸ばした。

無失点で終われたことが一番良かった

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)

──試合を振り返って。

前半の立ち上げ、間接FKで取れたゴールは大きかったです。相手のプレッシャーにはめられてプレス回避できず、リズムを作りにくかったです。後半はしっかりボールポゼッションもモビリティも上手くできました。ボールを持っている人に対してパスコースを作ってあげて、チャンスを作って2点目を取ることができました。ですがチャンスはもっとあったのでもっとゴールを取れてもおかしくない後半でした。先週と一緒で大量得点できませんでしたが無失点で終われたことが一番良かったと思います。

──今日デビューした新加入のドゥドゥ選手のプレースタイルは?

ピヴォですね。相手に背を向けるプレースタイルですね。体も大きくて、フィクソの前にいたら(チームが)楽になります。まだ短い時間しか練習できていないので、合わなかったりですが、思ったよりよくやってくれたと思います。どこまでできるかできないかわかりませんでしたが、失敗するにせよ前半に出して後半はやり直せるようにと思って前半に出しました。ですが前半も良くて、もっと出したかった。ただ、さっき話したように練習も少ししかしていないのでケガする可能性もあるので時間をコントロールしながら使いました。

田村友貴(シュライカー大阪)

──試合を振り返って。

先週に引き続き今週も0で抑えたことはチームとしても非常にディフェンスがいい形になってきたと思います。ですが攻撃面で新加入選手もケガ人も含めもう少し合わせないとF選抜のような速いプレッシャーは回避できない。これからもっともっと厳しい戦いが待っているのでこれからチームメイトとコミュニケーションを取りながらフィニッシュまでの形を作っていかなければいけないです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami