SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア

【ネクスト・ヒーローはオレだ!】町田出身のブレイク候補生。クラブ生え抜きの菅谷知寿は、“ヌルヌル・ドリブル”で日本代表を目指す

PHOTO BY軍記ひろし

アスピランチから日本代表へ

──高校卒業後にアスピランチに行きました。どんな人生の決断があったのでしょうか?

全国大会が終わって、U-18日本代表候補合宿に呼んでもらいました。選んでもらったからには、今後もフットサルで上を目指したいと思いましたし、地元が町田だったこともあってアスピランチのセレクションを受けました。そこで合格して、今につながっていきました。

──その流れは、伊藤選手と似ていますね(笑)。

(笑)。フットサルを始めたきっかけや続けてきた流れは同じですね。

──以前からペスカドーラ町田を知っていましたか?

アスピランチでキャプテンの鈴木幹太は年齢が1つ下なのですが、中学校時代のチームが一緒でした。「高校どうするの?」と聞いたら「ペスカドーラのアスピランチに入る」と。そこでなんとなく知ったという程度でしたね。自分が入ることになってから、詳しく調べました(笑)。

──その後、アンダー世代の日本代表に招集されなくなってしまいました。

(2017年のAFC U-20アジア選手権に向けた活動として)代表に選ばれるかどうかという時期に、府中サテライトと練習試合をしたことがありました。そこに鈴木(隆二)監督が見に来ていて、圭汰はいいプレーをしていたのですが、僕はできてなくて……。あそこがターニングポイントだったかなと。後悔があります。

──中村選手と伊藤選手がU-20アジア選手権に出場。町田には同い年のライバルが多いですね。

「負けていられない」という気持ちはもちろんありますが、ライバル視というより仲間意識が強いですね。今の練習は、ベテラン対若手というセット分けでやっています。なので(ベテラン選手を倒してやるという)仲間意識が大きいです。みんなで一緒に高め合うイメージですね。

──では、同い年の2人のことをどう見ていますか?

充はアスピランチでも頭一つ抜けている存在でした。トップでの試合にあまり出られていませんでしたが、その分、アスピランチで暴れてくれていました。トップでも試合に出れば活躍すると思っていました。

圭汰には、昨年の町田戦でボレーシュートを決められました(伊藤選手は昨シーズンは、Fリーグ選抜でプレー)。あれは悔しかったですし、忘れられないですね。自分はベンチにいたのに試合に出られませんでした。日本代表にも選ばれていますし……圭汰は圭汰で頑張っています。自分はまだまだですが、そういう意味での焦りはありません。まずは、着々とレベルアップすることを考えています。

──今シーズンはトップチームでも出場機会を得ています。Fリーグでのプレーはいかがですか?

関東リーグや地域リーグと比べると、スピードもフィジカルも別次元。違う競技というと言い過ぎかもしれないですが、体感としてはそれくらいの印象です。うまくいかないことの方が多いです。特に、Fリーグでやるためには、もっと一瞬の判断力が必要だと感じています。

──ただ、菅谷選手のドリブルはチームにとっても武器です。室田祐希選手もドリブルがうまいですが、菅谷選手は、少しタイプが違うドリブラーですよね。

祐希くんは「アクションドリブル」だと思っています。自分で抜いていくスタイルですよね。僕は逆に、「リアクションドリブル」。相手の動きを見て、飛び込んできたりしたらうまく逆を突く感じです。

──ヌルヌルっと抜けていくイメージです。

よく言われます、ヌルヌルしてるって(笑)。サッカーのときからこのスタイルで、ボランチやトップ下でプレーしていました。その当時から、自分でガッと仕掛けていくタイプではなかったですね。

──ドリブルも通用していますし、手応えを感じているのでは?

オーシャンカップの名古屋戦や立川・府中戦で試合に出たのですが、そこでは手応えも感じました。特に、名古屋を相手にもやれたことは自信になりました。

──逆に、今の自分に足りない部分は?

けっこうあります(苦笑)。特に、フィジカルとドリブルの後の判断。シュートなのかパスなのかの判断を早くする必要があります。ドリブルで抜いた後に止まって、チャンスをつぶしてしまうことがあるので。

──この先、もちろん目指す場所は日本代表?

選手である以上、代表入りは意識していますし、ブルーノ監督に活躍を見てもらうこと。ただし今は、それほど(見られていることを)意識はしていません。いつも通り自分の特徴を出して、自分のいいプレーを出すことが大事です。圭汰も入っていますからね。

──アスピランチ出身の同級生3人がそろって代表入したらファン・サポーターは盛り上がりますね!

そうなればみんな喜んでくれそうですね。

──お話をしている間も笑顔が絶えず、明るい印象の菅谷選手ですが、チーム内でも「いいキャラクター」と評判です。

みんなにいじられる方ですけどね(笑)。先輩たちからいじられます。圭汰や充はそんなにいじられていないのに……。個人的には昔から、少人数よりもみんなと仲良くするタイプではあります。なので、トップにいるユースの3人の僕より若い選手とも、片付けを一緒にやったりします。自分も若手ですしね(笑)。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami