SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.06.30

【F1第7節/長野×仙台】勝利が遠いまま、開幕から7連敗。「1巡目はF1に慣れる作業に費やしている」(長野 横澤直樹監督)

PHOTO BY軍記ひろし

6月30日(日)、Fリーグ2019/2020ディビジョン1 共同開催名古屋ラウンドの最終日が武田テバオーシャンアリーナで行われ、ボアルース長野はヴォスクオーレ仙台に1-3で敗れた。

Fリーグ選抜が初勝利を挙げた直後の試合、同じように初めての勝利を目指す長野だったが、3分、左サイドを突破してくる相手を止めてファウルを与えると、FKのサインプレーから失点。さらに9分、自陣でボール失って失点、13分にも左サイドのFKから決められて、一気に0-3と引き離されてしまった。

後半、意地を見せたい長野は27分、左サイドの花嶋悠からの縦パスを、角度のないところから田口剛志がダイレクトで中に折り返して、走り込んだ北原健治が合わせて1点を返すことに成功した。

しかし、それ以上に追い上げられずに迎えた36分、エリア外のハンドを取られた守護神・小石峯成彦が2枚目の警告を受けて退場。しかもこれで5ファウルとなるなど、苦しい状況が続く。長野はフィールドプレーヤーが1人少ない状況だったものの、リードする仙台がリスクを避けてパスを回したことで時間が経過。残り1分を切ったところで田口をゴレイロにしてパワープレーを始めたがそのままタイムアップとなった。

他チームに追いつき、追い越すことは可能

横澤直樹監督(ボアルース長野)

──今日の試合を振り返って。

まずは、遠方から駆けつけてくれたサポーターの方々に対して、本当にうれしく思っています。選手はそういう応援を受けて、とにかく頑張っているんですけどね……。やはりまだ今のところは、通用しない部分があります。ただし、ここまでの7試合で、マイボールの時間もかなり作れています。何が原因かと言うと、こちらから相手にパスをしたり、ミスを招いてしまっていることにあります。それはF1とF2という、環境が変わったということでもあります。

たとえばF2だとプレッシャーや(寄せの)タイミングを兼ね備えた守備が受ける機会が少ないので、今は心理的なところを感じていると思います。F2にはなかった駆け引きになれること、もしくはそれを利用した戦術などでクリアしていく作業に、1巡目は費やしています。そうやって修正しながら戦っているのですが、どうしても今は、不運というか……。運のせいにしてはいけないですが、勝てていない状況をもっと追求しないといけないと思っています。

一方で、少しずつ積み重ねてきたことが身になっている部分もあるので、そこも追求しながら、このフットサルというスポーツを、自分たちで楽しむ状況を作りながら勝負していく。そして結果を残していくことが、長野をF1に上げるために尽力してくださったみなさんへのへの恩返しだと思います。来週は今シーズン初めてのホームゲームを、ホワイトリングで戦います。そこで初勝利を見せられるように邁進します。

西巻広直(ボアルース長野)

──今日の試合を振り返って。

昨日と今日の2試合で勝てなかったことが本当に悔しいです。でも、ファンやサポーターの方々は、こちらの「悔しい」とか「1試合ずつ成長している」という言葉を望んでいるわけではないと思います。勝利こそ望んでいると思うので、僕たちは下を向いている場合ではなく、勝利に向かっていくしかありません。切り替えて、次のホームで勝てるように全員で準備して全力でやっていきます。

──監督が話していたF1とF2の違いに関して、7試合を戦って感じていることは?

全体的なスピード感が違います。プレッシャーや攻撃スピードが速いなと。それに、こちらが奪ってカウンターにいくときも、2人目の(カバーリングの)寄せも準備がよくて、DFのバランスもいいです。奪ってからきれいなカウンターにつなげられていません。そういう差があるなと感じています。

──ただ、そういった差はこの先の成長によって追いついて、追い越していけるイメージもありますか?

開幕から比べたらゴールを決められそうなチャンスは増えていますし、相手の陣地内でボールを回せる時間も増えています。そこのクオリティは、練習からやっていけば上がっていくと思います。そういったところを突き詰めて激しくやっていくことで、追いつき、追い越すことは可能だと思っています。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami