SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.06.30

【F1第7節/長野×仙台】好調の要因は世界の最先端を行くクラブスタッフ「スペインにはメンタルトレーナーと栄養士が在中している」(仙台 ホセ・フェルナンデス監督)

PHOTO BY軍記ひろし

6月30日(日)、Fリーグ2019/2020ディビジョン1 共同開催名古屋ラウンドの最終日が武田テバオーシャンアリーナで行われ、ヴォスクオーレ仙台はボアルース長野に3-1で勝利した。

前日の試合でバルドラール浦安に敗れ2連敗中の仙台。しかしこの日は3分にアランギタヒのドリブルがファウルを誘い、いい位置でのFKを獲得するとサインプレーから最後は堀内迪弥が決めて先制する。その後は長野にチャンスを作られる場面が多くなるも、9分にはアランギタヒ、13分にはまたもセットプレーから堀内が決めて3-0と大きくリードして試合を折り返した。

後半は追いかける長野に苦しむと26分にゴール前の混戦から押し込まれて1点を奪われる。しかしその後は長野の攻撃を凌いで時間を使っていくと、36分には相手に退場者が出る展開に。ここは無理に攻めず、2分を消化。終盤のパワープレーも凌いで試合を終わらせ、仙台が3試合ぶりの白星を飾った。

悪い試合をしても得られた勝ち点3

ホセ・フェルナンデス監督(ヴォスクオーレ仙台)

──試合を振り返って。

勝利できたことを嬉しく思いますし、選手たちを褒めたいと思います。勝たなければいけない時期になってきました。昨日、記者の方に言われたように最近いい試合ができていて勝てていなかった中、逆に今日はいい試合ができませんでしたが、勝ち点3を取ることができました。どちらが良いでしょう?

──いい試合をして勝ってもらいたいですね

ソレハムズカシイネ(笑)

長野との試合は難しいです。違うスタイルでフットサルをやっています。前半はセットプレーが良くて2点を取れました。前半は真面目に取り組んでいてよかったですし、記者の方が求める良い試合をして勝つスタイルだったと思います。しかし後半はうまくプレーできず、でも勝ち点3を取ることができました。

──メンタルトレーナーを招き入れたメリットは?

メンタルトレーナーとは日本では難しい仕事だと思います。なぜかといえば、日本では最近できたような仕事です。ただ、クラブにとて重要な役割を担っています。個人スポーツでもチームスポーツでもメンタルトレーナーは必要です。

自分から見て日本人は感情を伝えることが得意ではないと思います。そういう人がいればもっと簡単にコミュニケーションができるようになります。ただ、さっきも言ったように、日本では最近できた仕事であり、すぐには結果として見えないかもしれないですが先を考えると大事なことです。

──スペインだとメンタルトレーナーは常駐しているもの?

そうですね。プロフェッショナルなチームに1人はいます。メンタルトレーナーだけではなく、仙台には栄養士がいます。スペインでもこの2人は絶対にいるのですが、スペインでは選手が思っていることを監督やスタッフに直接言えます(笑)。でもメンタルトレーナーの仕事は難しい

堀内迪弥(ヴォスクオーレ仙台)

──試合を振り返って。

今日の試合を勝てたことを嬉しく思います。昨日、負けてしまって、今日は絶対に勝たないといけないという気持ちで試合に臨みました。全員で勝利目指して戦えた試合だったと思います。

内容はまだまだ修正が必要ですが、とにかくかちてん3を取れたことはポジティブです。練習から次の試合に向けて取り組んでいきたいと思います。

──連戦の時にどうやってコンディションやメンタルを作っていくのか?

昨日負けて、さらに自分のミスで失点して、ピヴォとしてはきつい結果でしたが、人間なので毎試合、結果を残せるわけではないです。そこを割り切って、試合で100%臨めるようにと取り組んでいます。

早く切り替えることがまずは大事で、次の試合に向けてどうするかと思考を変えて、体のケアはやりつつ戦っています。さらに今年からメンタルトレーナーがついて、昨日も話しました。チームと個人の状況を話して整理しました。その結果、今日で人生が終わる気持ち、それくらいかけてやろうと。そういう形で試合に臨みました。他にも今は栄養士がチームにいて、連戦の時は特にその方にお世話になっています。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami