SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.07.21

【F1第10節/名古屋×大阪】一時リードしたが名古屋に2−8で大敗。「集中してやり切れなかった」(大阪 比嘉リカルド監督)

PHOTO BY軍記ひろし

7月21日(日)、Fリーグ2019/2020ディビジョン1 第10節の名古屋オーシャンズ対シュライカー大阪が武田テバオーシャンアリーナで行われた。

大阪は、開始5分に先制点を献上してしまうが9分にアルトゥールが遠目のFKを直接叩き込んでスコアを振り出しに戻す。さらに、14分には名古屋の6つ目のファウルから第2PKを獲得。これを加藤未渚実がゴール左へ冷静に決めて1点リードで前半戦を終了する。

後半戦はこのままリードを広げたいところだったが、大阪は怒涛の反撃にあってしまう。後半26分、セットプレーから同点弾を許してしまうと27分にもカウンターから失点され逆転。さらに31分に追加点を許しスコアを放されてしまう。

32分にも失点を喫し、スコアが2−5になったところで大阪はパワープレーを開始。しかしその後にパワープレー返しを含む3失点で、名古屋のゴールを割れず試合終了。前半、リードできていたが後半の7失点で名古屋との試合に敗れた。

次節は大分との“オレンジダービー”

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)

──試合を振り返って。

名古屋との試合はいつもタフな試合になるとわかっていました。まず、名古屋の強度についていくために走らなければいけない。自分たちは何が得意で、何を狙われるかしっかりで分析して、促しました。ですが前半から後半で集中してやり切れていないところがあります。その一つが、2失点目で、名古屋は切り替えが早いので戻らないといけなかった。あとはセットプレーですね。セットプレーから何点も取られたのでそうなると厳しいですね。最後、パワープレーが上手くできず失点してキツいところもありました。自分たちが一つ考えないといけないところは、集中力が切れてしまったのはフィジカルが足りていないからなのか。それともフィジカルを鍛えて切り替えの練習をしなければいけないのか。そこは様子を見ながら続けてもう一度立て直して、(次節のバサジィ)大分戦に向けて頑張りたいです。

田村友貴(シュライカー大阪)

──試合を振り返って。

途中まではリードしている状態で、本当に、勝ちたかったです。ですが40分を通した集中力だったり、監督が言ったようにセットプレーを自分たちでも分析して、監督、コーチとも「集中してやっていこう」と話していたところで失点してしてしまった。そこは頭の切り替えだったりアイデンティティの低さが失点につながったと思います。来週、上位の大分との試合なので切り替えてしっかりと勝ちたいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami