SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.07.21

【F1第10節/F選抜×長野】相手ゴールへ迫り続けたが決めきれず、連敗を重ねてしまう……。「我々は前に進んでいくしかない」(長野 横澤直樹監督)

PHOTO BY軍記ひろし

7月21日(日)、Fリーグ2019/2020ディビジョン1 第10節のFリーグ選抜対ボアルース長野が武田テバオーシャンアリーナで行われ長野は1−3で敗れた。

序盤は長野のペースで試合が進んだ。細かく繋いでくる相手に対し、カウンターで一気にゴールへと迫るが、あと一歩のところでゴールを割れず。そうしていると前半3分に逆に相手のカウンターから失点を許してしまう。12分にも失点を重ねてしまうが長野も負けじと攻め入る。すると残り11秒、シュートパスに合わせた松永翔が後半に向け、大きな1点を決めて1−2で前半戦が終了する。

勢いに乗る長野は後半、主導権を握りF選抜のゴールへと迫り続けるが相手GK・上原拓也に止められ続けてしまう。シュートを決めきれずにいると、残り58秒にカウンターから失点。最後にパワープレーを仕掛けたが試合は終了。開幕から続く連敗を10に伸ばしてしまう結果になった。

次節はホームで湘南ベルマーレと対戦

横澤直樹監督(ボアルース長野)

──試合を振り返って。

今日はリーグスポンサーでもあるATHLETAさんのユニフォームを同じチームが着て、戦った大変ありがたい試合でした。ですがやはり、Fリーグ選抜という若手を中心としたチームに対して勝ちたかった。まだまだ力及ばず、たくさんチャンスをチャンスを逃してしまい逆にチャンスをを与えてしまった流れになったことが原因で負けてしまいました。やはりこのFリーグ選抜というチームに勝利できないということは、F1を戦う上で非常に厳しい状態というのが現実です。1巡目に初勝利はなかなか難しいかもしれませんが、我々は前に進んでいくしかないので、とにかく勝ち点を一つでも増やして挑戦していきたいと思います。あと、ここまで応援に駆けつけてくれたサポーターの方々に対して、本当にありがたく思っていますしどうしても勝利を見せたかったです。

──昨シーズンまで共に過ごしていた上原選手が好セーブを連発していました。

試合前に彼とは「環境2部練習ができる環境でしっかりとフットサルにで専念できている」と話していました。「最初はきつかった」とも言っていましたが、今は慣れて一つひとつ成長につながっていると喜んでいました。「とにかく2人いるGKの中でライバル争いに勝って、できるだけ活躍しほしい」という話をしました。自信を持ってプレーしてほしいですね。

──次節はホームで古巣・湘南ベルマーレとの対戦です。奥村敬人監督は「秘策があろうとなかろうと、関係なくひねりつぶす」とコメントしていましたがいかがでしょうか?

プロレスを求めているのでしょうか(笑)。私自身、5年間湘南を指導してきて、彼らの特徴というのは十分把握しています。弱点、強みというのも分析を常に怠ってはいません。その弱みをつける戦略を立てられるのですが、それを選手たちが体現できるかが重要。練習から体現できるように、ひたすら努力する。ホームでの試合なのでとにかく、初勝利ができれば嬉しいです。実際、相手チームとしっかり比較するとポテンシャルでは劣りますけど、面白い展開になってくれればと思います。

西巻広直(ボアルース長野)

──試合を振り返って。

今日の試合は前半はなかなかどちらのペースにもならなかった展開。後半に関してはこちらが長い間攻めていた中で最後で決めきれないというところが今の足りないところ。前半の2失点も最後に響いてきてしまいましたし、勝つために何ができるか選手一人ひとりが考えて練習から取り組んでいきたいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami