SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.08.10

【AFCクラブ選手権/GS第2戦vsカズマSC】名古屋がペピータの2発&星翔太の2戦連続得点で連勝!

PHOTO BY

名古屋オーシャンズは10日、AFCフットサルクラブ選手権タイ2019のグループステージ第2戦でクウェートのカズマSCと対戦して、3-1で勝利。連勝で暫定ながらグループ首位に立った。

ペピータがクラブ選手権で初ゴール!

試合の立ち上がりは拮抗した展開が続いていたが、その流れを断ち切ったのは名古屋。12分、“ブラジルのロケットランチャー”ことペピータが待望のクラブ選手権初ゴールをマークして先制に成功した。

その後も、両者ともに激しいアタックの応酬を繰り広げたものの、決定的な場面でのシュートがポストやクロスバーをたたくなど、スコアが動かないまま前半が終了した。

後半に入って、主導権を手にしたのは名古屋だった。27分、星翔太が右サイドからニアに強烈なシュートを突き刺して追加点をゲット。リードを広げたことで、相手も残り6分からパワープレーで反撃を試みてきたが、36分にペピータがパワープレー返しを決めてさらに優位な展開に持ち込むことに成功した。

直後に失点を喫したものの、37分40秒に、相手選手がレッドカードで一発退場。その後、2分間、人数が1人少なくなったカズマSCは、ボールをキープする名古屋に対して、失点のリスクを回避するために「プレスを掛けない」作戦を選択して時間が経過すると、残り20秒で相手選手の人数が元に戻ったが、試合は3-1のまま終了。

名古屋が初戦から連勝を飾って暫定首位に立つととともに、その後に行われるグループDのもう1試合の結果によっては決勝ラウンド進出が決まるという、プラン通りの結果を手にした。

オーシャンズは12日、前回大会王者のメス・サンガン・ヴァルザガン(イラン)との第3戦に臨む。

■試合ハイライト(AFC公式)

■試合後ミックスゾーンコメント(ペピータ/AFC公式)

【試合日程】(時間は全て日本時間)
◆グループステージ
8月8日(木)
4-2 アルダフラFC
【得点者】
星翔太(15分)
橋本優也(20分)
西谷良介(27分)
水谷颯真(35分)

8月10日(土)
3-1 カズマSC
【得点者】
ペピータ(12分)
星翔太(27分)
ペピータ(36分)

8月12日(月)
vs メス・サンガン・ヴァルザガン(19:00)

◆準々決勝
8月14日(水)
グループD1位 vs グループC2位(13:00)──QF4
グループC1位 vs グループD2位(16:00)──QF3
グループB1位 vs グループA2位(19:00)──QF2
グループA1位 vs グループB2位(22:00)──QF1

◆準決勝
8月15日(木)
QF2の勝者 vs QF4の勝者(17:00)──SF2
QF1の勝者 vs QF3の勝者(20:00)──SF1

◆3位決定戦
8月17日(土)
SF1の敗者 vs SF2の敗者(17:30)

◆決勝
8月17日(土)
SF1の勝者 vs SF2の勝者(20:00)

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami