SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.08.14

【クラブ選手権特集・番外編】名古屋の試合を観に行こう! バンコクアリーナまでの歩き方

PHOTO BY舞野隼大

SAL編集部の舞野隼大です。僕は今、タイのバンコクで行われているAFCクラブ選手権タイ2019の取材中です。

ですが恥ずかしながら僕はこの取材が初めての海外で、英語もほとんど喋れないので出発前は少し不安でした……。それでも今では電車やタクシーを乗りこなして正直、アクセスがいいとは言えないバンコクアリーナにも難なく通うことができています。

そこで、海外が初めての僕がどうやって問題なくバンコクアリーナへ通えているかを皆さんにお伝えしようと思います。バンコクアリーナの最寄駅はエアポート・レール・リンクのLat Krabang(ラーロクラバン)駅です。まずはそこまでの行き方をご紹介します。

タイの電車の乗り方

まずはタイの電車の乗り方です。今回は地下鉄MRTラインでエアポート・レール・リンクに乗り換えてバンコクアリーナへ行くパターンを紹介します。

駅へ向かうと日本と同様に切符の券売機があるのでそこで切符を買います。

当たり前ですが、券売機にはタイ語が書かれているためなんて読めばいいかわかりません……。なので右上の「English」をタッチして英語に切り替えます。

そして、21番のPhetchaburi(ペッチャブリー)駅を選択。右上に表示されたお金を支払います。

お金を払うと、黒いチップが出てきます。これが切符になります。これを改札でタッチしてホームへ向かいます。

 

ホームには掲示板があるのでそこに電車があと何分で来るか表示されます。MRTラインは大体5分に1本の感覚で電車がやってきます。

また、路線図もあるのでどっち方面の電車に乗ればいいかの確認もできます。黄色で表示されているのが今いる駅です。

Phetchaburi(ペッチャブリー)駅で降りたら改札を出ます。出るときはタッチするのではなく縦長の穴に黒いチップを入れます。

【次ページ】Phetchaburi(ペッチャブリー)駅からLat Krabang(ラーロクラバン)駅の行き方

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami