SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.08.14

【AFCクラブ選手権/準々決勝バモスFC戦後コメント】笠井大輝「龍太さんがいない分、同じポジションとしてやらなければやらないことをしようと思いました」

PHOTO BY軍記ひろし

8月14日(水)、名古屋オーシャンズはAFCクラブ選手権タイ2019の準々決勝でインドネシアのバモスFCと対戦し、3-1で勝利。

試合終了後、笠井大輝選手に試合を振り返ってもらいました。

水谷颯真吉川智貴西谷良介の試合後インタビューは「INSIDE OCEANS」に掲載中!

チームを助けられるように

──今日は星龍太選手が欠場となった中での試合になりました。

龍太さんがいない分、同じポジションとしてやらなければやらないことをしようと思いました。ですが最後のパワープレーでの失点のところは反省して、明日の試合に向けて気持ちを切り替えて準備をしていきたいと思います。

──星選手がいないことでフエンテス監督からは特別何かを要求されたりとかは?

いや、特には言われてないですけど龍太さんの分まで頑張って次の試合につなげられればいいと思って試合に入りました。

──個人的にはどこに課題を感じましたか?

やはり普段のFリーグと感覚は違って、相手選手のボールの持ち方も違いますしピッチの雰囲気も違う。そういうのが今までと違うのでそういったところをどの相手と戦っても普段と同じようなプレーができるように、最高のパフォーマンスができるように自分自身しっかりレベルを上げていきたいです。

──これが4試合目になりますが国際舞台での適応度はいかがですか?

最初に比べたら徐々に良くなってきてはいますが今日も1対1で抜かれてしまっているのでそういった駆け引きのところを慎重にやっていけたらと思っています。

──明日また試合がありますし、チームにとって笠井選手の運動量はより重要になってくるのでは?

自分がピッチに立ったらチームのためにまずは今までやってきたことを自分が出せるように、チームを助けられるようにしたいと思います。

▼ 関連記事 ▼

Bitnami