SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.09.14

【F1第13節/名古屋×湘南】あと一歩のところで名古屋に惜敗……。「自分たちの目指しているフットサルは名古屋さん相手でも通用する手応えもあった」(湘南 奥村敬人監督)

PHOTO BY軍記ひろし

9月14日(土)、AFCクラブ選手権の関係で未消化だったFリーグ2019/2020ディビジョン1の第13節 名古屋オーシャンズ対湘南ベルマーレが武田テバオーシャンアリーナで行われた。

名古屋のホームに乗り込んでの試合は開始3分に先制点を決められて失点してしまう。しかしこれで崩れることのなかった湘南は、相手ゴールに迫り内村俊太がシュートを放つがポストに阻まれてしまう。

6分、シュート性のパスに高溝黎磨が滑って合わせる。シュートはまたもポストに阻まれるが今度は跳ね返りが当たってゴールの中へ。逆転に成功した湘南だが、8分に失点して同点に。前半の残り時間を粘り強い守備でゴールを守り2-2で20分が終了する。

迎えた後半は、名古屋が残り14分半を切った早い段階でパワープレーを開始。防戦一方になりながらゴールを死守していたが後半17分に遂に失点。同点に追いつかれてもパワープレーを続けられ、残り1分53秒に逆転弾を許してしまう。

3-4となりパワープレーを始めた湘南だが、ゴールが決まらずにタイムアップ。あと一歩のところで名古屋に敗れ、翌日のFリーグ選抜戦へ臨むことになった。

最後の最後で2点取られてしまうところに名古屋の強さを感じた

奥村敬人監督(湘南ベルマーレ)

──試合を振り返って。

お疲れ様です。アジア王者の名古屋さんに対して果敢に全員で挑んで苦しめることができたと思いますが、最後の最後でパワープレーで2点取られてしまうところに名古屋さんの強さを感じました。パワープレー返しで点を取れるチャンスは何度かあったと思いますので、そこで取りきれないところに今シーズンの自分たちの弱さが出てしまったのかなと思います。

ただ、残り14分くらいでパワープレーをされたということは、普通に攻めていたら崩せないと思っていただいたのかなとポジティブに思っていますけども、そこで長い時間のパワープレーというのは体力的にも厳しいと思いますし、いつものパワープレー以外の4枚のセットを入れてうまく休ませながらという形でディフェンスをしていましたが一瞬の隙を逃してくれないというか、そこはさすがだなと思いました。

ですが今、自分たちが取り組んでいる、目指しているフットサルは名古屋さん相手でも通用する手応えもありました。その中でもっともっと精度を高めて、こういう試合でもしっかり点を決めきって勝ち切る、守りきる展開に持ち込めるようにもっともっと練習から全員で取り組んできたいと思います。ただ明日、試合がありますのでああだこうだ言っても仕方がない。しっかり休息をとって明日のF選抜戦に勝利できるようにみんなで準備したいと思います。

鍛代元気(湘南ベルマーレ)

──試合を振り返って。

お疲れ様でした。まず「悔しい」というのが今の自分の感情です。途中までは勝っている時間帯も作れましたし、監督が言ったように僕らが目指しているフットサルに手応えもあった中でのこの結果なのでやはり悔しいというのが一番に来ます。それもネガティブではなくて、ポジティブに捉えて次の試合に、次のプレーに自分たち個人個人もそうですしチームとしてもこの試合でできたこと、できなかったことを次に生かさなくてはいけないなと思っています。

試合は明日、すぐに来るので今、ここでできたできなかった、落ち込んだり嬉しかったりいろいろな感情はありますけどその感情に飲み込まれて次の試合でいいプレーができなければそれは本末転倒になる。しっかりと自分の感情をコントロールして次のプレー、次の試合に向けていい準備をしていきたいと思います。

──試合終盤に2失点してしまったのは、長い時間パワープレーをされてしまいフィジカル強度が下がってしまったための失点でしょうか?

個人的には2つあると思います。1つは仰るとおりでフィジカル的要素。最初に守っていた4人とは違う4人とみんなで守りにいきました。もしかしたら10分間以上守る切る力がなかったのかもしれない、というところのフィジカル的要素。どっちの4人がとかではなく、疲れてしまった状態で守らざるを得なくて先ほど監督が言ったように一瞬の隙を突かれてしまった。

もう一つはここ最近の試合で勝ちが少なくて、練習ではなく実際に試合においてのパワープレーが少し遠ざかっていました。戦術的要素でも僕らが至らなかった部分があるのかなと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami