SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.11.04

【F1第23節/湘南×大阪】ピヴォ2枚を欠いた大阪が今季2度目の連敗。「ピヴォ当てで深さを出せず、いい攻撃ができなかった」(大阪 比嘉リカルド監督)

PHOTO BY軍記ひろし

11月4日(月)、Fリーグ2019/2020 ディビジョン1 第23節、湘南ベルマーレとシュライカー大阪の一戦が小田原アリーナで行われ、大阪は1-5で敗れた。

前鈍内・マティアス・エルナン、今井翔らが相次いで負傷離脱、相井忍、ドゥドゥが欠場したために、この日は12人登録。ヴォスクオーレ仙台から復帰して、なおかつケガ明けで約3カ月半ぶりの実戦となった堀内迪弥がスタメン、2ndセットには、今シーズン2回目の出場となる特別指定選手の田中晃輝が入った(田中は前節まで5試合登録されて途中出場が1度だけ)。

苦しい台所事情の影響が見られる大阪は、序盤こそアルトゥールから堀内迪弥を使ったピヴォ当てで押し上げるシーンもあったが、8分には、サイドの背後から崩されて失点するなど、攻守で相手に上回られた。16分には、サイドでボールを奪われ、カウンターから失点。リードを許して試合を折り返した。

後半、21分に失点して0-3とされた大阪は、得意のセットプレーで反撃。24分、ゴール正面左のFKからアルトゥールが強烈なミドルシュートを突き刺して1点を返すことに成功した。しかし依然ペースは湘南。29分にはCKから追加点を奪われると、大阪は残り7分を切ったところで、加藤未渚実をゴレイロと交代してパワープレーを開始した。

中央にアルトゥール、右に加藤、アンドレウ、左に稲田瑞穂、小曽戸允哉の布陣で何度か守備のギャップを突くシーンを作ったものの、フィニッシュを決め切れず。逆に残り27秒、パワープレー返しから失点して、1-5で試合は終了。1巡目の対戦も2-5で落としていた大阪は、同カードで連敗となり、チームとしても、前節の北海道戦に続いて、今シーズン2回目の連敗を喫してしまった。

チームの競争意識を高めるために田中を起用した

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)

──今日の試合を振り返って。

運動量が足りませんでした。最初から裏を取られてしまい守備もよくなくて、攻撃でもピヴォ当てで深さを出すことができず、いい攻撃ができませんでした。リードされてから、それを修正できないままの試合になりました。パワープレーでも、ディフェンスを崩せてもフィニッシュにいけませんでした。反省して、次のセントラルの2試合で勝ち点を取れるように切り替えていきたいと思います。

──特別指定選手の田中晃輝が2ndセットに組み込まれていたが、途中から出場時間がなくなった。彼に求める役割や、その評価は?

田中は、サテライトから上がった選手です。彼とは2年目で、サテライトのプレーも見てきました。実力もあり、頑張っているので、今までやってきたことを出すためにもチャンスを与えるべきだなと。チームとしても、もっと高い意識を持って競争できるようにという狙いがあります。(今のベンチ入りしているメンバーに対しても)もっとやり続けないとスタメンを取られるという危機感、競争を作りたいです。

彼には、将来的に大阪の中心になってもらいたいと期待していますし、いいタイミングだと思いました。ただ、点を取らないといけないですね。そういう責任を負ってもらいたいなと。リードされて、3-0になってからは、若手よりも、ずっと出ている選手の方ができると思ったので、後半は出場時間がありませんでした。

──後半からゴレイロを高見政顕に。5試合ぶりの出場だが、その狙いは?

それも同じです。裏を取られるボールに対しての不安がありました。うまくできたところもありますが、裏を取られてしまうと前プレ(をかける選手)も不安になる。檜山(昇吾)はいいプレーをしていましたが、高見もいい練習をしています。チームに競争を作れるように、そのタイミングだと思って交代しました。

田村友貴(シュライカー大阪)

──今日の試合を振り返って。

勝ち点3を必ずほしい試合でしたが、立ち上がりから相手ペースで試合が始まってしまいました。こっちにもチャンスがあったなかで相手に決められ、追加点を決められて、ゴールが遠かった。そういうところでチームが波に乗れなかったと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami