SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.11.17

【F1第26節/すみだ×大阪】「苦しい展開のなかでの勝点3。プレーオフ進出に向けて大きな価値があると思います」(大阪 比嘉リカルド監督)

PHOTO BY軍記ひろし

11月16日(土)、Fリーグ2019/2020ディヴィジョン1第26節フウガドールすみだ対シュライカー大阪の一戦が墨田区総合体育館で行われた。

試合前の時点で両者の勝点は3位すみだが47、4位大阪が46。プレーオフ圏内の3位を争うなかでの非常に重要な直接対決だった。

大一番らしく緊張感のある展開のなか前半にすみだが先制したものの、大阪が小曽戸允哉のゴールとアルトゥールの第2PKで逆転。37分にすみだもエース・ガリンシャのゴールで追い付いたが、その僅か10秒後に大阪・加藤未渚実が得意の左足でこじ開け勝負あり。アウェイでの直接対決に勝利し、プレーオフ進出へ向け大きな勝点3を手にした。

アウェイで接戦を制しプレーオフ進出へ一歩前進

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)

──試合を振り返って。

お疲れ様でした。やはりプレーオフを争う激しい試合になりました。(試合前の時点で)順位ですみださんに逆転されていて、そういう中でアウェイでタフな試合でしたね。すみださんのサポーターやこのアリーナの雰囲気はいつも本当に素晴らしくて良いなと思うんですけど、やっぱり対戦相手の我々としてはやりにくさもあるなかでの試合だったと思います。

先制されて、逆転してもまたすぐに追い付かれるという苦しい展開のなかで、しっかり勝ち切って勝点3を取ることができた。本当に大きな価値のある試合になったと思います。次も同じ意識を持って、同じ気持ちで続けないといけないので、プレーオフに進出できるよう残り試合も頑張っていきたいと思います。

──次節に向けての抱負をお願いします。

今日のすみだ戦を終えても、次は名古屋、その次は大分とプレーオフ圏内にいるチームとの対戦が続くので、勝点3を取っていけるように、一戦一戦頑張っていきたいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami