SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.11.19

【単独取材】フットサルはラグビーW杯の成功に続けるか? ブルーノ監督が日本の関係者に求めること

PHOTO BY軍記ひろし

日本サッカー協会(JFA)は19日、11月25日から12月5日かけて実施するスペイン遠征向けた日本代表メンバー16名を発表。負傷離脱中の森岡薫(ペスカドーラ町田)や星翔太(名古屋オーシャンズ)、滝田学(ペスカドーラ町田)、仁部屋和弘(バサジィ大分)が招集外となったが、AFCフットサル選手権トルクメニスタン2020東地区予選(通称「東アジア選手権」)を戦っていないメンバーから6人がメンバー入り。特に八木聖人(名古屋オーシャンズ)は、1年半ぶりの代表復帰となった。

メンバー発表後、SALの単独取材に応じたブルーノ・ガルシア監督は、選考の理由や遠征の狙いといったスペイン遠征の話にとどまらず、2020年W杯を見据える“フットサル日本代表船団”の話題にも触れた。

■日本代表メンバー、スケジュールはこちら

代表チームの基準を下に判断して、4人を選んでいない

◆ブルーノ・ガルシア監督(日本代表)

──今回招集したメンバーについて。AFCフットサル選手権トルクメニスタン2020東地区予選(通称「東アジア選手権」)を勝ち抜いて、次に来年2月から3月に行われるアジア選手権本大会に向かいます。ベテラン勢が選ばれていないことや、八木聖人選手を招集したことなど、コンセプトを教えてください。

今回は(東アジア選手権よりも2人)人数が多くなっていることはありますが、実質80パーセントは前回までのリストを維持している状況です。そのなかで、4人が外れています。森岡薫、滝田学、星翔太、仁部屋和弘。新しく入っているのが、森洸、芝野創太、田村友貴、八木聖人。現地で合流する予定になっているのは、逸見勝利ラファエルと平田・ネト・アントニオ・マサノリ、清水和也です。

コメントすべき過不足があるとすれば3つです。その一つは、オルドス市で行われた大会と、タイ代表との国際親善試合のパフォーマンスを評価しています。外れた4人全員が同じ理由、同じ温度感というわけではないですが、基本的にはそのことがあります。

もう一つは、そこに代わって入ってきたメンバーについて。森洸、田村友貴、芝野創太はタイ代表との試合にも参加してもらっています。一方で、八木聖人は、(2017年の)アジアインドアゲームズ以来リストに入っていて非常によくなっていましたが、ケガで招集できていませんでした。イメージとしては、加藤未渚実と同じように、ここからメンバーに食い込んでいってほしいというところでケガをしてしまいました。八木については、そういうイメージで捉えています。

それと、今回招集したメンバーのもう一つのグループは、欧州にいる平田ネトアントニオマサノリと逸見勝利ラファエルです。彼らはタイ代表との試合に呼べませんでした。ただし、逸見はもともと中核という選手の位置づけであり、今回はタイミング、状況が合ってきてもらうことになりました。平田選手は八木選手と同様に、ヨーロッパですごく力をつけている状況がありますし、最近のトレーニングキャンプでも適性を示してくれていましたので、そういった理由で選んでいます。

──一つ目の、ベテラン4選手が外れたところに関してですが、もちろん彼らへの信頼を置いた上で、コンディションや様々な状態を加味して呼んでいないということですか?

私たちはこれまでも、プランを立ててリストを作ってきています。その基準となっているのは、オープンなリストであることとポジションバランスが考えられています。それぞれのポジションに複数の選手がいて、個々の選手の状況に変動があったとしても、チームとして最適な状態を崩すことがないようにしてきました。

そのなかで、機会を得た全員が、その活動のなかで最大限の有効活用をしてほしいですが、代表チームのミッションは決まっています。そこで最適な状況、状態にあるパフォーマンスを期待できるチームで戦っていきたいと考えたときに、その基準を下に判断して、その4人に関しては、今回は新しいメンバーにチャンスが回ってきたということです。

【次ページ】このままのレベルを維持すれば内村の復帰は近い

▼ 関連記事 ▼

Bitnami