SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2019.12.16

【F1第29節/町田×大阪】5位・町田を破って大阪がプレーオフ出場へ大きく前進!「大切な試合で勝ち点3を取れてよかった」(大阪 比嘉リカルド監督)

PHOTO BY軍記ひろし

12月15日(日)、Fリーグ2019/2020 ディビジョン1 第29節、ペスカドーラ町田とシュライカー大阪の一戦が町田市立総合体育館で行われ、大阪は4-2で勝利した。

この試合のシュライカー大阪視点のマッチレポートはこちら

リードしている時間でコントロールできるように

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)

──今日の試合を振り返って。

リードを作れていい前半だったのですが、後半はちょっと足が止まってしまいました。試合当日の移動や、今週のトレーニングの負荷の影響があったのかもしれません。そういったところを修正して、前半と後半で同じリズムと強度でできるようにしないといけません。ただ今日の結果は、全体的に見て、プレーオフを狙うという意味でも大切なものでした。勝ち点3を取れてよかったです。

田村友貴(シュライカー大阪)

──今日の試合を振り返って。

自分たちの今シーズンの課題は、リードしている試合のコントロールでした。今日も3-0でリードしながらも、そこから難しい時間を長く作ってしまいました。これからも厳しい試合が続くと思うので、リードしている時間をもう少しコントロールして、勝ち切れるようにしたいです。ですが、大事な試合で勝ち点3を取れたことは本当に大きかったと思います。

──田村選手が小曽戸允哉選手のパスを決めて2-0とした得点シーンですが、ピヴォとアラの選手が後ろでつないでいる間にゴール前に走り込んでパスに合わせました。田村選手はもともと攻撃意識を高く持っていますが、チームとしても個人としても、フィクソの選手がそこに入るイメージをすごく共有できているなと感じます。

基本的に僕の得点パターンは、ピヴォに当たった後に押し上げてゴール決めています。比嘉さんの下で(フィクソがゴールに絡んでいく)練習もしていますし、(同じくフィクソの)アルトゥールもそうですが、チャンスと思ったら前に上がる。そこはチームで徹底しています。フィクソが(後方から)長い距離を走ることで、相手マークも付きづらいと思うので、そこは自分も毎試合、狙っています。そういうところを仲間に伝えて、自分も見てもらいながらプレーすることを、毎日の練習からコミュニケーションを取っています。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami