SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.12.25

【現役引退】横江に続き、森谷優太も現役引退を表明。「このクラブでここまでプレー出来たこと、過ごした日々は、自分の人生にとって大きな財産」

PHOTO BY軍記ひろし

前身のカスカヴェウ時代から町田でプレー

12月25日、ペスカドーラ町田は所属する森谷優太が今シーズン限りで現役を退くと発表した。

前身のカスカヴェウ時代から町田でプレーをしている森谷は、2007年の開幕戦でFリーグデビュー。13シーズン目を迎えた今は通算327試合に出場し、52得点をマーク。(12月25日現在)

昨日、現役引退が発表された横江怜に続き、カスカヴェウ出身の選手がまた1人大きな決断を下した。

以下はクラブからのリリースと森谷のコメント

この度、森谷優太選手が2019/2020シーズンを持ちまして、引退することになりましたのでお知らせいたします。

森谷 優太(MORIYA YUTA)
生年月日:1984.01.13
出身地:神奈川県
通算成績:通算:327試合/52得点(12/25現在)

コメント:
この度、引退することを決断しました。
これまで沢山の経験、沢山の人との出会いがあり成長させていただきました。
前身のCASCAVEL TOKYOからこのクラブでここまでプレー出来たこと、過ごした日々は、自分の人生にとって大きな財産となりました。
本当に感謝しかありません。
今シーズンも残りわずかですが、チームに貢献できるように頑張っていきたいと思います。
本当にありがとうございました。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami