SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2020.01.13

北九州との首位決戦は4-4のドロー。YS横浜がシーズン無敗で優勝!

PHOTO BY軍記ひろし

14試合で勝ち点38、ゴール数は84

Y.S.C.C.横浜が1年越しのF1昇格と、F2無敗優勝を果たした。

勝てば優勝が決まった昨シーズン最終節。しかし横浜はデウソン神戸に1-3で敗れてしまい、それは叶わなくなってしまった。

そして今シーズンの開幕戦、相手は奇しくも敗れた神戸。結果は4-1で勝利を収めると横浜の快進撃が幕を開けた。

ポルセイド浜田に10-1、ヴィンセドールに白山に11-0で快勝するとその勢いが止むことはなかった。10月にはタイ・ソンナムFCからベトナム代表のミン・チーとタイ・フーイを期限付で補強。11勝2分と13試合負けなしで1月12日(日)の最終節を迎えた。そして北九州との首位決戦を4-4で引き分け、文句なしで優勝を決めた。

シーズンを通して横浜は勝ち点38を積み上げ、最多の84得点をマーク。また、来シーズンは北九州と共にF1昇格も内定。F2の無敗王者として次なる挑戦に臨む。

優勝を果たしたことで選手たちもSNS上で喜びと感謝のコメントを残した。

来シーズンの開幕戦は5月30日(土)、31日(日)も予定。彼らが開幕節からどんな戦いをするのか、注目が集まる。

▼ 関連記事 ▼

Bitnami