SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.01.18

【負傷情報】浦安が主力2名の負傷を発表。ディドゥダが全治4〜6週間。加藤竜馬が全治約3カ月のケガで離脱。

PHOTO BY軍記ひろし

18日、バルドラール浦安がディドゥダと加藤竜馬の負傷を発表した。

「このメンバーで最後まで一緒にピッチで戦いたかった」(加藤)

リリースによるとディドゥダは左足関節靭帯損傷によって全治4〜6週間の離脱。ディドゥダは3月の全日本選手権に間に合いそうだが、左足関節骨折で全治約3カ月の加藤竜馬は出場が厳しい状況に。

Twitterでも「このタイミングでの怪我は俺自身本当に悔やまれます。このメンバーで最後まで一緒にピッチで戦いたかったです!」とコメントを残した。

以下は浦安からのリリース

1/11のFリーグ2019/2020 ディビジョン1 第32節 エスポラーダ北海道戦にて負傷しましたディドゥダ選手ですが、検査の結果、下記の通り診断されましたので、お知らせいたします。

・ 左足関節靭帯損傷

・ 全治4〜6週間

1/13のFリーグ2019/2020 ディビジョン1 第33節 フウガドールすみだ戦にて負傷しました加藤竜馬選手ですが、検査の結果、下記の通り診断されましたので、お知らせいたします。

・ 左足関節骨折

・ 全治約3ヶ月

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami