SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.02.11

【移籍情報】23歳のGK川内康幹がポルセイド浜田を退団。「歴史的な2シーズンに在籍できた事は自分の誇り」

PHOTO BY川嶋正隆

ポルセイド浜田は10日、川内康幹が3月末でクラブを退団すると発表した。

今季はアグレミーナ浜松戦に出場

退団が発表された川内は昨シーズン、京都外国語大学サッカー部から入団。今シーズンは開幕時点でトップチーム登録はなかったが、9月11日に追加登録をされるとその週のFリーグ2019/2020 ディビジョン2 第7節 デウソン神戸戦からベンチ入り。

最終節までの7試合にメンバー入りをしたがピッチに立ったのは第8節アグレミーナ浜松戦の1試合に留まった。

川内はクラブのリリースで「2年前フットサルの『フ』の字も知らなかった未熟な自分にFリーグという夢の舞台でプレーする機会を与えて下さったクラブ関係者の皆さん、共に闘ったチームメイト、苦しい時もいつも応援して頂いたファンの方々に心から感謝いたします」とコメントを残した。

以下はクラブからのリリース

退団選手のお知らせ

今シーズンを持ちまして、以下の選手が退団しますことをお知らせします。
なお、3月末までチームの活動は継続します。

新天地でのますますの活躍を期待します。

【退団選手】

NO55 川内康幹(kawauchi yoshiki)
生年月日:1996年4月15日(年齢23)
出身地:大阪府
サッカー歴:毎日ジュニアFC→追手門学院中サッカー部→安威FC→京都外国語大学サッカー部
ポルセイド浜田在籍:2018〜

【コメント】

今シーズン限りで、ポルセイド浜田を退団することになりました 背番号55 川内康幹です。
2年間という短い期間でしたが、クラブのFリーグ初勝利や全国選手権初出場を経験した歴史的な2シーズンに在籍できた事は自分の誇りです。フットサルだけに限らず、ポルセイドで学んだ事や経験を生かしこれからの人生をより豊かにできるよう次のカテゴリーでも自分らしく頑張ります。
最後に、2年前フットサルの「フ」の字も知らなかった未熟な自分にFリーグという夢の舞台でプレーする機会を与えて下さったクラブ関係者の皆さん、共に闘ったチームメイト、苦しい時もいつも応援して頂いたファンの方々に心から感謝いたします。
ありがとうございました。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami