SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.02.12

【移籍情報】ボルクバレット北九州が町田アスピランチ出身の渡辺大輔と立川・府中サテライト出身の上林快人の退団を発表。

PHOTO BY軍記ひろし

ボルクバレット北九州は3日、渡辺大輔と上林快人の退団を発表した。

渡辺は昨季、上林は今季から北九州へ加入

退団が発表された渡辺大輔は昨シーズン開幕前に、ペスカドーラ町田アスピランチから加入。1シーズン目は11試合で3得点をマーク。F1昇格を果たした今シーズンは13試合に出場し、2得点を決めていた。渡辺はクラブを通じて「今シーズンはなかなかプレーでチームに貢献する事が出来ず、悔しい思いをしましたが、チームとしてはF1昇格ができ、いい経験をさせていただきました」と発信した。

同じく退団が決まった上林快人は今シーズン、立川・府中アスレティックFCサテライトから入団。第13節のデウソン神戸戦でFリーグ初ゴールを決めたが、リーグ戦ではメンバーから外れてしまうことも何度かあった。

クラブからのリリースは以下のとおり

【退団のお知らせ】

この度、渡辺大輔選手、上林快人選手が退団することとなりましたのでご報告させて頂きます。

渡辺選手のコメント
「今シーズンはなかなかプレーでチームに貢献する事が出来ず、悔しい思いをしましたが、チームとしてはF1昇格ができ、いい経験をさせていただきました。
また沢山の応援していただける方々の声援がとても心強かったです。
2年間という短い期間ではありましたが、
本当にありがとうございました。」

上林選手のコメント
「この度、ボルクバレット北九州を退団することになりました。
一年という短い期間でしたが本当にありがとうございました。
自分が思い描くようなシーズンを送ることができませんでしたが他の選手に助けられチームの目標であるF1昇格ができたと思っています。
馬場監督をはじめとするスタッフ、フロント関係者、そして多くのサポーターの方々には感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございました。
最後になりましたが来季のボルクの飛躍を期待しています。」

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami