SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2018.07.22

【F1第7節/大阪×北海道】ベテラン陣負傷で野戦病棟も若手が価値ある経験「諦めることなく戦った」(北海道・小野寺隆彦監督)

PHOTO BY軍記ひろし

7月22日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第7節が行われた。今シーズン最初の6クラブ共同開催、立川ラウンドの2日目第1戦ではエスポラーダ北海道がシュライカー大阪と対戦し、2-7と大敗した。

前半に2ゴールを許した北海道は、後半開始直後にも失点。しかし24分に宮原勇哉が一矢報いるゴールを奪取。それでも大阪の強力な攻撃陣の前に失点を重ねてしまう。試合終盤にパワープレーへ移行すると38分に宮原がこの日2点目をマークするが反撃もここまで。6クラブ共同開催の2連戦は1分け1敗に終わった。

水上、高山が負傷で苦しい状況も

小野寺隆彦監督(エスポラーダ北海道)

昨日がチーム総力戦の中で、湘南と2-2の引き分けに終わりました。昨年度は勝ち点が取れなかった湘南から、なんとか勝ち点1でしたが取ることができて、その勢いに乗って今日もなんとか大阪から勝ち点をという思いで臨んだ一戦でした。ただ、水上(玄太)がケガで出られなかったり、徐々に高山の足も痛み出して、出られないメンバーが増えてしまいました。若い選手がピッチの中で戦う状況になってしまいました。失点したましたし、負けたましたが、諦めることなく戦ってくれたことは事実です。パワープレーでも、今季初めてのゴールでした。綺麗な形ではなかったですが、あまり悲観的にならず、頑張っている選手を信じてやっていきます。2週後、ここでまた試合があるので切り替えて臨みたいと思います。

──水上選手のケガの状態については。
湘南戦で捻挫をしました。それほど腫れているわけではないですが、足首の関節が動くたみに痛みがある状態でした。最善の治療はして臨んだんですが、痛みがあるので無理させませんでした。次節はやってくれると思います。やってくれないと困ります。

──2ndセットは若手中心の中、今季から復帰した阿部恭也選手がうまくバランスをとってプレーしている印象だが。
クアトロの戦術を非常に理解しています。体が動いているかは別にして、頭では非常に理解してくれています。ボールの進め方、ゲームの進め方は悪くないです。ただ、フィジカル的な部分で多少、戦列を離れた期間が長かったので徐々にあげているという状況です。しかしポイントで使って、整える。バランスをとって整えてくれているので、これからもっと良くなると思います。

──もっと動きが欲しいという印象か。
今日も稲田選手のカットインについていけない部分がありました。そういう意味ではまだまだだと感じています。

三浦拓(エスポラーダ北海道)

上位との2連戦ということですごく強度の高い試合になりました。選手たちは体の痛い部分もありながらもしっかりと戦って、負けましたがそうやって戦ったことに意味があると思います。次の試合はしっかり勝ち点が取れるように良い準備して臨みたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami