SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2018.07.22

【F1第7節/立川・府中×浜松】中断明けは新たな浜松に「個人的に分岐点となる試合だった」(浜松・松浦勇武)

PHOTO BY軍記ひろし

7月22日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第7節が行われた。今シーズン最初の6クラブ共同開催、立川ラウンドの2日目第2戦ではアグレミーナ浜松が立川・府中アスレティックFCと対戦し、3-5で敗れた。

ここまで勝利がない浜松は、須藤慎一が先制ゴールを奪うと、15分には山田凱斗がFリーグ初ゴールをマーク。しかし前半のうちに追いつかれると、後半もリードする場面を作りながらも逆転負け。6クラブ共同開催は2連敗で終わり、リーグ戦7戦未勝利となった。

もっと強くならなければ

豊島明監督(アグレミーナ浜松)

見ての通りの展開で、非常に勿体無いゲームでした。

──松浦選手は手応えを感じた試合だったとのことだが、監督としての印象は。
18番の山田凱斗、12番の山桐正護という若い2人の起用を決めていて、山田は仕事ができましたし山桐も自分の仕事をやってくれたと思います。良い意味でそういう力がチームに入ってきた結果、接戦にできました。ただ、そこで勝つまではいけていないのが、もう一歩踏み込むべきところだと思います。まだまだやらなければいけない、もっと強くならなければいけないと思っています。内容が良くても結果がついてこなければブレてくることがあります。そこを含めて勝負事。自分たちがやるフットサルを、もう一度整理して、ここ一週空くので次の週に臨むだけだと思います。

──山田選手がFリーグ初ゴールを決めたが、彼への評価は。
まだまだ荒削りですがポテンシャルでは高く将来性があります。その辺をどう生かしていくか。それがクラブの今後につながると思います。うまいタイミングで使いながら育てていきたいです。アンダーの代表に選ばれているので、そこで中心となる選手になってもらいたいと思います。

松浦勇武(アグレミーナ浜松)

昨日の仙台との試合に負けた後から監督とも話をしましたし、チームで雰囲気の部分や試合の入り方、セットの部分を変えようと(話をして)、気持ち的に少し変えた中で選手としてパフォーマンスは悪くなかったと思います。府中はホームでしたし、その中であれくらいをいつもできていれば良かったと思います。ただ、リードしている時のメンタルの持ち方やどう攻めてどう守るの部分が、まだダメだったという印象です。それでも今日の試合が分岐点になると、個人的には手応えがあった試合でした。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami