SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2018.07.22

【F1第7節/町田×仙台】良い試合をしながら結果を手に入れる「次のフェーズに足をかけようとしている」(仙台・荒牧太郎)

PHOTO BY軍記ひろし

7月22日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第7節が行われた。今シーズン最初の6クラブ共同開催、立川ラウンドの2日目最終戦ではヴォスクオーレ仙台がペスカドーラ町田と対戦し、4-7で敗れている。

開始早々の1分に堀内迪弥のゴールで先制するが前半は2-2で終える。すると後半は先に失点する展開に。堀内のハットトリックなど意地は見せたが、町田のパワープレー返しの精度の前に失点を重ねて敗戦となった。

良い試合ながらも勝てなかった

ホセ・フェルナンデス監督(ヴォスクオーレ仙台)

難しいですが、良い試合はできましたが勝つことができませんでした。全体的に見れば良い試合ができました。後半2-2で決定的なチャンスが5回ほどありました。一方の町田は1つのチャンスで1ゴールを獲りました。パワープレーで取り返そうとしましたが、ファウルであり得ないミスが起こりました。結果は予想とは違いました。パワープレー返しを3度くらい打たれて失点しました。決定力あるチームとやるときは、ミスを起こすとゴールになります。ただ、ゴールを決めることもできていますし、良い内容でフットサルできているので継続して頑張っていきたいと思います。

荒牧太郎(ヴォスクオーレ仙台)

結果的にはすごく残念ですが、この1巡やってきて町田のような経験や実力のあるチームを相手に途中まで接戦して最後の10分で点差が開いてしまいました。ただ、仙台としては次のフェーズに足をかけようとしているのかなと。2試合やって、浜松に勝って2試合目で消耗している中で実力あるチームと接戦ができました。ただ、監督が言ったようにワンプレーで勝敗を手繰り寄せるチームです。始めて経験があるチームと接戦して、勝負の際になる部分で実力の差が出るなと。次のそういうチームと接戦ながらも勝利できるかどうかは、これからの自分たちの努力次第です。このままなんとなくでこなしていけばこの差は埋まらないでしょう。まず接戦して、引き分けて、勝って、経験していく中で、名古屋や町田のような優勝候補のチームにも勝つ力が身につくと思います。こういう悔しさを忘れないで、来週の練習から町田で感じた最後のワンプレー、決定力の差を詰められるような練習を積み重ねていければ僕らの未来も明るい未来になると思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami