SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.05.20

【リューマとソーマが見てきたオーシャンズ/篠田龍馬×水谷颯真】10年前と変わったこと、変わらないこと。“最古参”2人が歩んできたオーシャンズ

PHOTO BY軍記ひろし

篠田龍馬と水谷颯真。意外に感じるかもしれないが、彼らはクラブの“最古参選手”だ。

29歳の篠田は2009年に名古屋オーシャンズサテライトの第一期生として、23歳の水谷は2008年にアカデミー生として歩み始め、それから10年以上、このクラブで戦いを続けてきた。

「ビビりながら練習していました」(篠田)

「つかみ合いのケンカをしていて……めちゃくちゃ怖かった」(水谷)

彼らが最初に思い出すトップチームの記憶は“恐れ”だった。常に結果を求められるクラブは、昔からどのチームよりプロフェッショナルであることを大事にしてきて、だから選手と選手の間には、どこか殺伐とした空気が流れていたという。仲間であり、ライバルであり、蹴落とす存在──。

時は流れ、彼らは今、トップチームを支える選手となった。しかし、篠田にも、水谷にも、殺伐とした空気を感じることはない。ストイックさと、穏やかさが同居するようなたたずまい。2人はこの10年で、オーシャンズの何に学び、教訓を得て、進化してきたのか。

リカルジーニョやマルキーニョといった世界的なスーパースター、紛れもない国内最高峰の日本人選手、そしてオーシャンズを世界基準で指揮してきた名将。そのすべてを体感してきた2人が、自身の歩みとともに、クラブの遍歴に想いを巡らせた。

始まりは「篠田コーチ」と「水谷生徒」

──今回は、10年以上オーシャンズに所属するお2人の歩みを振り返りながら、クラブの変遷を紐解きたいと思います。まず、篠田選手の加入経緯から聞かせてください。

篠田 名古屋出身ですが、高校は高知県の明徳義塾高校を選びました。サッカーを続けていましたが、身長が小さいのでGKとしてどのレベルにいけるかという限界は見えていた。とりあえず愛知県に戻ることは決めて、大学に進学してある程度のレベルでサッカーをしようかなと。そう考えていたときにFリーグが創設されて、地元に名古屋オーシャンズというクラブがあると知りました。大学に入ってから始めるか高校を出てすぐに始めるかを考えて、始めるなら早い方がいいと思って高校3年生の夏休みにセレクションを受けました。

──では水谷選手はどうでしょう?

水谷 僕は小学生のときにサッカーを始めたのですが、そのチームがフットサルにも取り組んでいました。中学では部活を考えていましたが、部員が少なくてあまり一生懸命な取り組みをしていなかったので、今まで続けてきた期間がもったいないと迷っていました。そうしたら親から「こういうチームがあるんだけどどう?」とU-12のセレクションを勧められたんです。

──なるほど。2人がオーシャンズに入った時期は近いですが、年齢が6歳も離れていますし、これまでは一緒にプレーしたことはなかったですよね?

篠田 そうですね。一緒には今が初めてだよね?

水谷 今ですね。

篠田 でも接点はあったよね。颯真が高2くらいのときにGKコーチをしていたので。

水谷 ゲンさん(高橋優介コーチ)がいないときには篠田さんが練習を見てくれましたね。

──その頃のお互いの印象を覚えていますか?

水谷 無口でクールな人だなと思いました(笑)。

篠田 僕はコーチだったし、立場が違うのでどうだろう……。

水谷 あんまり覚えていないんじゃないですか?

篠田 覚えてないわけではないけど、どう思っていたかな(苦笑)。

──では、どういう特徴を持つ選手でしたか?

篠田 賢くプレーする選手だなというのは覚えていますね。

【次ページ】選手同士のケンカは日常茶飯事

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami