SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.07.07

現役を引退した中島孝が湘南のクラブリレーターに就任!「現役時代のプレースタイルのように様々なところに顔を出し、人と人を結びつけ、また新しいモノを生み出せれば」

PHOTO BY軍記ひろし

佐藤伸也GMも期待を寄せる

湘南ベルマーレは7日、2019/2020シーズンにクラブに在籍し現役を引退した中島孝氏がクラブリレーターに就任と発表した。

中島曰く、クラブリレーターとは「relate=関係づける、結びつけると言った意味から作られた役職となります」とのことで、「現役時代のプレースタイルのように様々なところに顔を出し、人と人を結びつけ、また新しいモノを生み出せればと思っています」と公式リリースを通じてコメントを残した。

湘南の佐藤伸也GMは、クラブ史上初の試みでもある中島孝クラブリレーターに「いつか来る引退後にクラブとどういった形で関わっていく事が良いのかという問いに対して、一つの可能性を見出してくれると思います」と期待を寄せた。

クラブとテークホルダーの架け橋として、そして選手のセカンドキャリアの在り方として中島の新たな活動に注目が集まる。

クラブからのリリースは以下のとおり

中島孝氏 クラブリレーター就任のお知らせ

この度、湘南ベルマーレフットサルクラブでは2019/2020シーズンに在籍し、同シーズンをもってFリーグ引退を表明した中島孝氏が湘南ベルマーレフットサルクラブ『クラブリレーター』に就任することとなりましたのでお知らせ致します。

中島氏は今後、湘南ベルマーレフットサルクラブ「クラブリレーター」として、ホームゲームを中心に、チーム・クラブ内外の様々なシーンで架け橋となる活動をいたします。

【クラブリレーターの役割について】

クラブに関わる多くのステークホルダーの間の架け橋として、ステークホルダーとのより深い関係性を構築し、結束を強める役割を担います。

■中島孝氏 コメント

『この度、湘南ベルマーレフットサルクラブクラブリレーターに就任しました中島孝です。皆様の前でこのようなご挨拶ができることを嬉しく思います。クラブリレーターとはrelate=関係づける、結びつけると言った意味から作られた役職となります。現役時代のプレースタイルのように様々なところに顔を出し、人と人を結びつけ、また新しいモノを生み出せればと思っています。とは言え、これはクラブとしても私自身としても新しいチャレンジとなります。湘南ベルマーレフットサルクラブが目指す場所へ少しでも近づけるよう尽力して参りたいと思います。どうか皆様のお力を引き続きお貸しいただければと思います。どうぞ宜しくお願い致します』

■佐藤伸也 ゼネラルマネジャー コメント

『引き続き中島孝と仕事ができる事を素直に嬉しく思います。役割に関してはリリースの通りです。クラブ史上初の試みである事が、彼に対する期待の現れです。2007年にスタートした湘南ベルマーレフットサルクラブは、多くの選手のプレーで引き継がれてきました。その選手が、いつか来る引退後にクラブとどういった形で関わっていく事が良いのかという問いに対して、一つの可能性を見出してくれると思います。リレーターとしての役割と、OB選手のセカンドキャリアの在り方、どちらもとても重要なミッションになりますが、素敵な結果をもたらしてくれると確信しています。皆さんにも中島孝のチャレンジを応援して頂きたいと思いますし、彼の活躍を楽しんで頂きたいと思います』

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

▼ tag list ▼

Close Bitnami banner
Bitnami